Research press release

トランジスター様のナノプローブがマウスのがんの画像誘導手術を支援する

Nature Biomedical Engineering

Transistor-like nanoprobes boost image-guided cancer surgery in mice

腫瘍に取り込まれて蛍光を発し、がん手術で汎用的な造影剤として用いることができるナノプローブをマウスで実際に使用したという論文が、今週のオンライン版に掲載される。

がんの多くでは、手術が治療の第一選択である。腫瘍を切除する執刀医は、特に腫瘍の辺縁部付近について、がん細胞が決して残留しないように徹底しなければならない。画像誘導手術は、あらゆる残存腫瘍組織の検出、および小さすぎて視認または触知することができないいかなる腫瘍小結節の発見をも支援することができる。しかし、現在のがん手術用イメージング技術は感度および特異性が不十分であるため、非がん組織(例えば、代謝活性が高まっている褐色脂肪のような組織)を浮かび上がらせる場合がある。

Baran Sumer、Jinming Gaoたちは、臨床使用が承認されている蛍光色素を含むナノ粒子プローブを合成した。これは、手術室で使用することができる標準的なカメラに対応している。静脈に注射するそのナノプローブは、腫瘍に取り込まれた場合に限って大幅に増幅された強度の蛍光を発するように最適化された。電圧がある閾値を超えたときにスイッチが入るトランジスターのように、そのナノプローブは、ほぼ全ての充実性腫瘍に共通の特徴である酸性pHでのみ「点灯」した。マウスの頭頸部腫瘍を切除する画像誘導手術で使用した場合、そのナノプローブは前例のない特異性および感度を示し、直径1 mmに満たない腫瘍小結節を光らせながら偽陽性を生じないことが明らかにされた。

Nanoprobes that fluoresce when taken up by tumours and that can be used as a universal imaging agent during cancer surgery, as demonstrated in mice and described in a paper published online this week in Nature Biomedical Engineering.

For many cancers, surgery is the primary curative option. When cutting out a tumour, surgeons need to ensure that no cancer cells are left behind, particularly near the tumour margins. Image-guided surgery can help surgeons to detect any remaining tumour tissue and to find any tumour nodules small enough to be seen or felt. However, current imaging techniques for cancer surgery lack sufficient sensitivity and specificity, and can thus light up non-cancerous tissue ― for example, tissue that has an increased rate of metabolic activity such as brown fat.

Baran Sumer, Jinming Gao and colleagues synthesized nanoparticle probes carrying a clinically approved fluorescent dye compatible with standard cameras available in the operating room. The nanoprobes, which are injected intravenously, were optimized to fluoresce with dramatically amplified intensity only when taken up by tumours. Akin to a transistor, which switches on when the voltage is above a certain threshold, the nanoprobes ‘turned on’ only in acidic pH, a common hallmark of nearly all solid tumours. When used in image-guided surgery to remove head-and-neck tumours in mice, the authors found that the nanoprobes provided unprecedented specificity and sensitivity, lighting up tumour nodules smaller than 1 mm in diameter and avoiding false positives.

doi: 10.1038/s41551-016-0006

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度