Research press release

糖尿病治療用の非抗原性ステルス薬

Nature Biomedical Engineering

Non-antigenic stealth drug for treating diabetes

マウスで2型糖尿病薬の治療効果の持続時間を延長させるとともに、重要なこととして、患者がすでに有している抗体と関係する薬物へのありがちな有害作用を排除する方法が、今週掲載される。

薬物と免疫系との相互作用は、ポリエチレングリコール(柔軟な鎖のような分子で、PEGとしても知られる)などの不活性な生体適合性ポリマーで薬物を修飾することによって軽減される場合がある。しかし、広く使用されている消費財に含まれるPEGへの長期暴露は、免疫系に抗PEG抗体を生成させるため、PEG修飾薬の臨床的有効性が低下し、有害反応のリスクが増大することにつながる。

Ashutosh Chilkotiたちは、2型糖尿病の治療に用いられる薬物(エキセンディン-4)に、エチレングリコールの短いセグメントを有するポリマー(それによって柔軟な桿状の分子ブラシのような姿をしている)を付加させると、患者由来の抗PEG抗体に対する修飾薬の反応性が消失することを明らかにした。このポリマー修飾薬はエキセンディン-4の血中循環時間を延長させ、単回注射によるマウスの正常血糖値持続時間が、薬物単体ではわずか6時間であったのに対し、最長5日間(120時間)に達することも分かった。著者たちは、その薬物修飾法が治療薬の安全性および有効性を向上させるための次世代技術となることを示唆している。

A method for extending the duration of the therapeutic effect of a type 2 diabetes drug in mice and that, crucially, eliminates a common adverse effect to drugs associated with pre-existing antibodies in patients, is described in a paper published online this week in the new journal Nature Biomedical Engineering.

Modifying a drug with an inert, biocompatible polymer such as poly(ethylene glycol) - a flexible chain-like molecule, also known as PEG - can reduce the drug’s interaction with the immune system. However, chronic exposure to PEG, which is present in commonly used consumer products, leads the immune system to generate antibodies against it, reducing the clinical efficacy of PEG-modified drugs and increasing the risk of adverse reactions to them.

Ashutosh Chilkoti and colleagues show that appending a polymer bearing short segments of ethylene glycol (and thus resembling a flexible, rod-shaped molecular brush) to a drug (exendin-4) used to treat type 2 diabetes eliminates the reactivity of the modified drug towards patient-derived antibodies against PEG. They also show that the polymer-modified drug increases the drug’s circulation time in blood, with a single injection maintaining normal blood glucose levels in mice for up to five days (120 hours), compared with only 6 hours for the drug alone. The authors suggest that their drug-modification strategy constitutes a next-generation technology for improving the safety and efficacy of therapeutics.

doi: 10.1038/s41551-016-0002

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度