Research press release

天文学:制御不能なロケットの再突入による死傷者リスクの評価

Nature Astronomy

Astronomy: Casualty risk from uncontrolled rocket re-entries assessed

ロケット機体の大気圏への制御不能な再突入によって人命に及ぼされるリスクを、30年分のデータの分析により評価した研究がNature Astronomy に掲載される。今回の研究により、現在のやり方では、典型的なロケットの再突入が10平方メートルの面積に破片を撒き散らすと、今後10年間に1人以上の死傷者が生じる確率が約10%であることが明らかになり、さらにこうしたリスクはグローバル・サウスの人々に偏在していることが実証された。

ロケットの打ち上げは多様であるが、ブースターなどの大きな部品は地球に落下したり、軌道上に放置されたりする。多くの場合、放置されたロケット機体は制御不能のまま大気圏に再突入し、破片は飛行経路のどこにでも落下する可能性がある。

Michael Byersたちは今回、過去30年間の人工衛星データを用いて、制御不能なロケットの再突入の結果として今後10年間の「死傷者予測」、つまり人命に対するリスク予測を見積もった。研究チームは、部分的に損傷しないまま残され、地上、海上、飛行機に危険性を持つロケットの破片に着目した。著者たちは、1回の再突入が10平方メートルに重大な被害をもたらす破片を撒き散らすとすれば、現在のやり方では、今後10年間において、平均10%の確率で1人以上の死傷者を生じることを明らかにしている。さらに、このリスクはグローバル・サウスに偏っていて、ジャカルタ、ダッカ、ラゴスの緯度には、ニューヨーク、北京、モスクワの緯度よりもおよそ3倍の確率でロケット機体が落下する。

著者たちはさらに、我々はすでに誘導再突入システムの技術を有していることを説明している。しかしながら著者たちによると、これにはコストがかかるため、我々はこれらの技術を採用しようとする全体的な意思が欠けているのだという。著者たちは、ロケット再突入の制御を義務付ける多国間協定がなければ、宇宙探査をする国々はこうしたリスクを不必要に輸出し続けることになると結論付けている。

The risk to human life from the uncontrolled re-entry of rocket bodies into the Earth’s atmosphere is assessed in an analysis of 30 years of data, published in Nature Astronomy. The study — which reveals that, under current practices, if a typical rocket re-entry spreads debris across a 10 m2 area, there is a roughly 10% chance that one or more casualties will occur over the next decade — furthermore demonstrates that these risks are disproportionately borne by populations in the global south.

Although rocket launches vary, boosters and other sizeable parts from rockets fall back to Earth or are abandoned in orbit. In most cases, the abandoned rocket bodies re-enter the atmosphere in an uncontrolled fashion and debris may land anywhere along the flight path.

Using the past 30 years of satellite data, Michael Byers and colleagues projected the ‘casualty expectation’ — or risk to human life — over the next decade as a result of uncontrolled rocket re-entries. The team focussed on pieces of rockets that remain partially intact and pose a casualty risk on land, at sea or to aeroplanes. The authors reveal that current practices have, on average, a 10% chance of one or more casualties over the next decade if each re-entry spreads lethal debris over an area of 10 m2. Moreover, this risk is borne disproportionately by the global south, with rocket bodies being approximately three times more likely to land at the latitudes of Jakarta, Dhaka and Lagos than those of New York, Beijing or Moscow.

The authors further explain that we already have the technology for guided re-entry systems. What we lack, they state, is the collective will to employ these because of the associated costs. They conclude that without multilateral agreements for mandated controlled rocket re-entries, space faring nations will continue to export these risks unnecessarily.

doi: 10.1038/s41550-022-01718-8

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度