Research press release

太陽系外惑星で発見された気象に似た現象

Nature Astronomy

Weather-like phenomena spotted on exoplanet

巨大ガス惑星 HAT-P-7 b の大気が時間とともに不規則に変化することを示した研究が、今週のオンライン版で発表される。その気象現象に似た変化は、太陽系外の巨大惑星でこれまで観測されていなかった。

太陽系外惑星の大気の観測は、かつては困難だったが、近年はより一般的になっている。しかし、現在のところ利用できる計測機器は一般に必要な感度を持っておらず、大気の変化の検出はかなり困難である。それでもそのような観測は、太陽系外惑星がどのように活動するのかを理解するために非常に貴重なものである。

David Armstrong たちは、およそ2,200 ケルビン(1.927℃;3,500 °F)の表面温度を持ち、親星の周囲をほぼ2日で軌道運動する HAT-P-7 bのケプラー探査機が行った4年間におよぶ光の強度変動計測を解析した。大気の風速の変化によって、ピーク光度の位置は時間ともに変化することが明らかになった。この変化は、続いて惑星の雲量の変化を引き起こした。

著者たちの発見は、将来の太陽系外惑星の気象変化をモニターする探査への道を開き、高い感度を特徴とするJWSTやCHEOPS、PLATOなどの計画されている宇宙探査がこのような研究件数の急速な増加を可能にするだろうと考えられる。

The atmosphere of the gas giant planet HAT-P-7 b changes irregularly over time, reports a study published online in Nature Astronomy this week. Such weather-like changes have not been previously observed on a giant planet outside our Solar System.

Observations of exoplanetary atmospheres, while still difficult to perform, have become more common in recent years. Detecting any changes in their atmospheres, however, is significantly more complicated, as currently available instruments do not usually have the required sensitivity. Such observations are nevertheless invaluable for our understanding of how exoplanets work.

David Armstrong and colleagues analysed four years of light intensity fluctuation measurements that the Kepler spacecraft made of HAT-P-7 b, a gas giant exoplanet with a surface temperature of approximately 2,200 K (1,927 °C; 3,500 °F) that rotates approximately every two days around its star. They found that the position of the peak brightness changed with time, due to variations in atmospheric wind speed. This dynamic caused, in turn, variations in the cloud coverage of the planet.

The authors note that their discovery opens the prospect of monitoring weather changes on exoplanets in the future, and that planned space missions such as JWST, CHEOPS or PLATO, which feature higher sensitivity instruments, will be able to rapidly increase the number of such studies.

doi: 10.1038/s41550-016-0004

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度