目次

Volume 23 Number 1

表紙について

機能する腸管神経系(ENS)を備えた腸オルガノイドをヒト多能性幹細胞から作製する方法を、Workmanたちが開発した。彼らはこのオルガノイドを使って、消化管の運動をつかさどる神経叢の欠如が原因のヒルシュスプルング病に関係する分子レベルの変化について調べている。表紙画像はENSを持つオルガノイド。赤色は腸上皮、緑色/黄色はENSニューロンである。
画像提供:Maxime Mahe

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

NEWS FEATURE:疾患を三次元で調べる:昨年4月、米国立アレルギー・感染症研究所が、感染症研究に使える三次元モデルを組織工学の手法により作出するプロジェクトを募集して以来、神経系や免疫系を備えた、より複雑なオルガノイドを新しい方法で作り出そうという動きが、今まで以上に活発化している。

Disease in three dimensions: Tissue engineering takes on infectious disease p.2

doi: 10.1038/nm0117-2

NEWS FEATURE:生きている治療薬:遺伝子組換え微生物を生きたままヒトに投与し、抗炎症薬などとして働く特定のタンパク質をヒト体内で産生・分泌させるという薬剤送達法が実用化に近づいている。こうした方法では、微生物は製剤とみなされ、現在米国食品医薬品局(FDA)で数件の認可申請について審査が行われている。このような薬剤送達法は、HIV、糖尿病、がんなどさまざまな疾患での使用が盛んに研究されている。

Living therapeutics: Scientists genetically modify bacteria to deliver drugs p.5

doi: 10.1038/nm0117-5

NEWS FEATURE:新世代の鎮痛剤を求めて:非常な痛みのためにうつ病や自殺につながることがある複合性局所疼痛症候群や重度の慢性疼痛などにはケタミンが強力な効果を発揮するが、この薬は過剰摂取の有害作用や依存症が大きな問題となっている。こうした副作用がなく、効果はケタミンを上回るような新世代の慢性疼痛鎮痛剤の必要性は高まる一方だ。

Alternative analgesics: New drugs for pain seek to improve on ketamine's benefits p.8

doi: 10.1038/nm0117-8

News & Views

メタボリックシンドロームを軽減する微生物タンパク質

A microbial protein that alleviates metabolic syndrome p.11

doi: 10.1038/nm.4261

絶食で白血病細胞の分化を誘導する

Starving leukemia to induce differentiation p.14

doi: 10.1038/nm.4259

脳の画像化で明らかになった、うつ病のバイオマーカーとバイオタイプ

Imaging biomarkers and biotypes for depression p.16

doi: 10.1038/nm.4264

Letters

腎疾患:骨髄由来の未成熟骨髄細胞はタンパク尿性腎疾患の一因である循環中suPARの主な供給源である

Bone marrow-derived immature myeloid cells are a main source of circulating suPAR contributing to proteinuric kidney disease p.100

doi: 10.1038/nm.4242

肥満/糖尿病:Akkermansia muciniphilaの生菌あるいは低温殺菌処理した菌から精製した膜タンパク質は肥満マウスや糖尿病マウスで代謝を改善する

A purified membrane protein from Akkermansia muciniphila or the pasteurized bacterium improves metabolism in obese and diabetic mice p.107

doi: 10.1038/nm.4236

がん:循環がん細胞の分子解析から明らかになった、化学療法感受性と化学療法抵抗性の小細胞肺がんの患者でのコピー数プロファイルの違い

Molecular analysis of circulating tumor cells identifies distinct copy-number profiles in patients with chemosensitive and chemorefractory small-cell lung cancer p.114

doi: 10.1038/nm.4239

がん治療:システイナーゼ/シスチナーゼによるL-システイン/シスチンの全身的枯渇は活性酸素種を増加させて腫瘍の増殖を抑制する

Systemic depletion of L-cyst(e)ine with cyst(e)inase increases reactive oxygen species and suppresses tumor growth p.120

doi: 10.1038/nm.4232

早期陣痛:脱落膜B細胞でインターロイキン33が誘導するPIBF1の発現は早期陣痛を防ぐ

Interleukin-33-induced expression of PIBF1 by decidual B cells protects against preterm labor p.128

doi: 10.1038/nm.4244

Articles

うつ病:安静時機能結合性はうつ病の神経生理学的サブタイプを特徴付けるバイオマーカーである

Resting-state connectivity biomarkers define neurophysiological subtypes of depression p.28

doi: 10.1038/nm.4246

遺伝性疾患:視床のmiR-338-3pは22q11.2微細欠失症候群のモデルで聴覚に関連する視床皮質の機能崩壊とその遅い発症を仲介している

Thalamic miR-338-3p mediates auditory thalamocortical disruption and its late onset in models of 22q11.2 microdeletion p.39

doi: 10.1038/nm.4240

腸オルガノイド:機能する腸神経系を持つヒト多能性幹細胞由来腸組織

Engineered human pluripotent-stem-cell-derived intestinal tissues with a functional enteric nervous system p.49

doi: 10.1038/nm.4233

がん:RNF43変異型膵腫瘍のWnt–FZD5シグナル伝達回路がドラッガブルな脆弱性であることが、ゲノム全体にわたるCRISPRスクリーニングによって示された

Genome-wide CRISPR screens reveal a Wnt–FZD5 signaling circuit as a druggable vulnerability of RNF43-mutant pancreatic tumors p.60

doi: 10.1038/nm.4219

がん治療:ヒストンメチルトランスフェラーゼEZH2の喪失は急性骨髄性白血病で多剤耐性を誘導する

Loss of the histone methyltransferase EZH2 induces resistance to multiple drugs in acute myeloid leukemia p.69

doi: 10.1038/nm.4247

白血病:絶食はレプチン受容体の発現増加を介して急性リンパ芽球性白血病の発症を阻止する

Fasting selectively blocks development of acute lymphoblastic leukemia via leptin-receptor upregulation p.79

doi: 10.1038/nm.4252

骨髄再構築:Dickkopf-1は直接的に、またニッチを介した機構により造血系の再生を促進する

Dickkopf-1 promotes hematopoietic regeneration via direct and niche-mediated mechanisms p.91

doi: 10.1038/nm.4251

Review

免疫:健常時と疾患時における記憶T幹細胞

T memory stem cells in health and disease p.18

doi: 10.1038/nm.4241

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度