Nature Medicine 目次

Volume 22 Number 8

表紙について

HIVの感染者は世界全体で3,500万人を超えており、完治に至る治療法はまだない。HIV撲滅というゴールの達成に向けた科学的戦略について、国際エイズ学会のHIV完治を目標とする作業部会がPerspectiveで詳しく説明している。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

なじみの薬を見直す:急激に拡大しつつあるジカ熱に対して、現在のところは対症療法しか存在しない。ワクチンの開発が急がれている一方で、以前からある薬剤をジカ熱治療に再活用する取り組みが拡大しつつある。

A second look: Efforts to repurpose old drugs against Zika cast a wide net p.824

doi: 10.1038/nm0816-824

耐性検出のためのネットワーク作り:抗生物質の効かない多剤耐性菌の検出に対処するために、米国の食品医薬品局(FDA)と疾病管理予防センター(CDC)が協力して、薬剤耐性を持つ微生物のリポジトリーを発足させた。耐性菌は希少であるため、こうした単離株バンクは診断薬などの開発に重要な役割を果たす。

Networking for resistance detection: FDA and CDC build repository of drug-resistant microbes p.826

doi: 10.1038/nm0816-826

疾患発症の後押し役を探す:糖尿病や肥満の遺伝学的性質を解明し、よりよい薬剤の開発を目標とするコンソーシアムは大学や製薬会社の研究チームが参加した世界規模のものがすでに複数存在し、さまざまな大規模データが集まりつつある。治療応答性の遺伝学的ばらつきやそれを考慮した精密医療など、こうしたデータを使って解明すべき難問は多く、道は険しい。

Disease drivers: Global consortia aim to unpack genetics of diabetes and obesity p.828

doi: 10.1038/nm0816-828

News & Views

ユビキチンリガーゼCBLBは抗真菌免疫の主要な調節因子である

CBLB ubiquitin ligase: a major regulator of antifungal immunity p.834

doi: 10.1038/nm.4160

老化過程における筋幹細胞とニッチの相互作用の役割

The role of muscle stem cell–niche interactions during aging p.837

doi: 10.1038/nm.4159

Perspective

HIV:国際エイズ学会のHIV治癒を実現するためのグローバル科学戦略2016について

International AIDS Society global scientific strategy: towards an HIV cure 2016 p.839

doi: 10.1038/nm.4108

Letters

抗がん剤:RANKリガンドはBRCA1変異キャリアでの乳がん予防のための標的候補である

RANK ligand as a potential target for breast cancer prevention in BRCA1-mutation carriers p.933

doi: 10.1038/nm.4118

免疫:報酬系の活性化は、自然免疫と適応免疫を増強する

Activation of the reward system boosts innate and adaptive immunity p.940

doi: 10.1038/nm.4133

血液学:肝臓で必要に応じて行われる赤血球除去や鉄の再利用には一過性マクロファージが必要である

On-demand erythrocyte disposal and iron recycling requires transient macrophages in the liver p.945

doi: 10.1038/nm.4146

Articles

がん治療:フォーカルアドヒージョンキナーゼの標的化は膵臓がんをチェックポイント免疫療法に対して感受性にする

Targeting focal adhesion kinase renders pancreatic cancers responsive to checkpoint immunotherapy p.851

doi: 10.1038/nm.4123

がん:p53はNEAT1 lncRNAを含むパラスペックル形成を誘導し、これが複製ストレス応答や化学療法感受性を調整する

p53 induces formation of NEAT1 lncRNA-containing paraspeckles that modulate replication stress response and chemosensitivity p.861

doi: 10.1038/nm.4135

神経変性疾患:TDP-43のミトコンドリア局在を阻害すると、その神経毒性が遮断される

The inhibition of TDP-43 mitochondrial localization blocks its neuronal toxicity p.869

doi: 10.1038/nm.4130

抗老化物質:ウロリチンAはマイトファジーを誘導して線虫の寿命を延ばし、齧歯類では筋肉機能を増大する

Urolithin A induces mitophagy and prolongs lifespan in C. elegans and increases muscle function in rodents p.879

doi: 10.1038/nm.4132

筋再生:マウスでβ1インテグリンシグナル伝達を標的とすることは老化筋肉や萎縮した筋肉の再生を強化する

Targeting β1-integrin signaling enhances regeneration in aged and dystrophic muscle in mice p.889

doi: 10.1038/nm.4116

筋再生:老化幹細胞ニッチからのフィブロネクチンの消失はマウスで骨格筋の再生能に影響する

Loss of fibronectin from the aged stem cell niche affects the regenerative capacity of skeletal muscle in mice p.897

doi: 10.1038/nm.4126

真菌感染症:CBLBのターゲッティングは、播種性カンジダ症に対する治療法候補である

Targeting CBLB as a potential therapeutic approach for disseminated candidiasis p.906

doi: 10.1038/nm.4141

真菌感染症:CBLBの阻害は致死的なカンジダ敗血症を防御する

Inhibition of CBLB protects from lethal Candida albicans sepsis p.915

doi: 10.1038/nm.4134

抗凝固薬中和剤:直接経口抗凝固薬を抑える迅速な止血促進手法

A rapid pro-hemostatic approach to overcome direct oral anticoagulants p.924

doi: 10.1038/nm.4149

Resources

免疫:細菌と真菌に対するサイトカイン応答の個人間のばらつきと遺伝的影響

Inter-individual variability and genetic influences on cytokine responses to bacteria and fungi p.952

doi: 10.1038/nm.4139

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度