目次

Volume 22 Number 9

表紙について

ウィザフェリンAの食餌性肥満マウスに対する作用がJ Leeたちによって報告された。ウィザフェリンAは、このようなマウスでレプチンの働きに対する感受性を高め、その結果、体重が減少して肝臓への脂肪沈着が減り、血糖コントロールが良好になった。表紙はセキトメホウズキ(別名アシュワガンダ、Withania somnifera)というナス科植物の実で、ウィザフェリンAはこの植物から得られる。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

News

アフリカ系アメリカ人とヨーロッパ系の祖先を持つアメリカ人で乳がんの死亡率に差が見られるようになってきたことから、高リスクに関連する遺伝子バリアントについて、これまでで最大規模の遺伝学的研究が開始された。

Largest genetic study of breast cancer in African Americans launched p.966

doi: 10.1038/nm0916-966

スプライシング異常の解決策:デュシェンヌ型筋ジストロフィーなどの多数の遺伝性疾患で新しい治療法となる可能性があるスプライシング・エラー修正技術に複数の企業が注目し、新たな手法を開発中。

Splicing solutions: Companies explore new techniques to fix splicing errors p.967

doi: 10.1038/nm0916-967

News & Views

アンギオポエチン2のエキソサイトーシス調節異常が脳海綿状血管腫を促進する

Dysregulated exocytosis of angiopoietin-2 drives cerebral cavernous malformation p.971

doi: 10.1038/nm.4178

友軍からの誤射:微生物が誘導する抗サイトカイン抗体

Friendly fire: anti-cytokine antibodies elicited by microbes p.973

doi: 10.1038/nm.4175

Brief Communications

ヘモグロビン異常症:良性の遺伝的疾患に関連する変異の再現によりβヘモグロビン異常症を治療するというゲノム編集戦略

A genome-editing strategy to treat β-hemoglobinopathies that recapitulates a mutation associated with a benign genetic condition p.987

doi: 10.1038/nm.4170

自己免疫疾患:全身性エリテマトーデス患者での低用量インターロイキン2投与は

Low-dose interleukin-2 treatment selectively modulates CD4+ T cell subsets in patients with systemic lupus erythematosus p.991

doi: 10.1038/nm.4148

Letters

HIV:欠損型プロウイルスはHIV-1急性感染の際に迅速に集積する

Defective proviruses rapidly accumulate during acute HIV-1 infection p.1043

doi: 10.1038/nm.4156

神経再生:3K3A-活性化プロテインCはマウスで虚血後ニューロンのヒト神経幹細胞による修復を誘発する

3K3A–activated protein C stimulates postischemic neuronal repair by human neural stem cells in mice p.1050

doi: 10.1038/nm.4154

がん治療:コヒーシン複合体の構成因子であるSTAG2あるいはSTAG3の喪失は黒色腫でBRAF阻害に対する耐性をもたらす

Loss of cohesin complex components STAG2 or STAG3 confers resistance to BRAF inhibition in melanoma p.1056

doi: 10.1038/nm.4155

Articles

抗サイトカイン自己抗体:マイコバクテリア感染症患者で抗インターフェロンγ自己抗体が結合する主要エピトープの同定

Identification of a major epitope by anti-interferon-γ autoantibodies in patients with mycobacterial disease p.994

doi: 10.1038/nm.4158

炎症:NOX4依存的な脂肪酸酸化はマクロファージでNLRP3インフラマソーム活性化を促進する

NOX4-dependent fatty acid oxidation promotes NLRP3 inflammasome activation in macrophages p.1002

doi: 10.1038/nm.4153

喘息:喘息関連IL4Rバリアントは制御性T細胞からTH17様細胞への転換を促進することで気道炎症を増悪する

An asthma-associated IL4R variant exacerbates airway inflammation by promoting conversion of regulatory T cells to TH17-like cells p.1013

doi: 10.1038/nm.4147

肥満:ウィザフェリンAは、マウスで強力な抗糖尿病特性を示すレプチン感作物質である

Withaferin A is a leptin sensitizer with strong antidiabetic properties in mice p.1023

doi: 10.1038/nm.4145

脳血管奇形:CCM3欠損が引き起こすアンギオポエチン2の内皮細胞でのエキソサイトーシスは脳海綿状血管腫の一因となる

Endothelial exocytosis of angiopoietin-2 resulting from CCM3 deficiency contributes to cerebral cavernous malformation p.1033

doi: 10.1038/nm.4169

Review

がん:がんでのスプライシングを治療標的とする

Therapeutic targeting of splicing in cancer p.976

doi: 10.1038/nm.4165

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度