目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

オールインワン:1つの薬で2型糖尿病と肥満の両方に効果のある「複合薬」が複数の製薬企業により開発され、次々と臨床試験段階に入っている

All in one: Researchers create combination drugs for diabetes and obesity p.694

doi: 10.1038/nm0716-694

代謝を念頭に置く:腸と脳とを神経だけでなく生化学的シグナルも使って結ぶ経路(gut-brain axis)については新たな知見が増えつつあり、このような経路を標的とする画期的な薬剤の開発を狙う業界の取り組みに拍車がかかっている

Metabolism in mind: New insights into the 'gut-brain axis' spur commercial efforts to target it p.697

doi: 10.1038/nm0716-697

Commentary

中東呼吸器症候群コロナウイルスの研究と製品開発へのロードマップ:世界保健機関の審議会からの報告

A roadmap for MERS-CoV research and product development: report from a World Health Organization consultation p.701

doi: 10.1038/nm.4131

News & Views

サリドマイド類似体の抗腫瘍作用には複数の機構が複雑に関与している

Promiscuous mechanisms underlie the antitumor effects of thalidomide analogs p.706

doi: 10.1038/nm.4144

AMLではエピジェネティックな多様性と遺伝学的多様性の間に関連がない

Independence of epigenetic and genetic diversity in AML p.708

doi: 10.1038/nm.4136

脳を2型糖尿病の治療標的にする

Targeting the brain as a cure for type 2 diabetes p.709

doi: 10.1038/nm.4137

濾胞性ヘルパーT細胞はHIV-1存続のホットスポット

Follicular T helper cells: hotspots for HIV-1 persistence p.711

doi: 10.1038/nm.4138

Brief Communication

がん:PI3KとmTORC1の同時阻害はHER2陽性乳がん脳転移患者由来の同所性異種移植片を担持するマウスで持続的寛解をもたらす

Combination inhibition of PI3K and mTORC1 yields durable remissions in mice bearing orthotopic patient-derived xenografts of HER2-positive breast cancer brain metastases p.723

doi: 10.1038/nm.4120

Letters

糖尿病:齧歯類では繊維芽細胞増殖因子1の中枢内投与が糖尿病性高血糖の持続的寛解を誘導する

Central injection of fibroblast growth factor 1 induces sustained remission of diabetic hyperglycemia in rodents p.800

doi: 10.1038/nm.4101

HIV:HIV潜伏リザーバー内の細胞をウイルス再活性化後に殺すためのRIG-I経路刺激

Stimulating the RIG-I pathway to kill cells in the latent HIV reservoir following viral reactivation p.807

doi: 10.1038/nm.4124

Articles

がん:骨髄異形成症候群のレナリドミドに対する応答性はカルシウムとカルパインに依存する経路によって決まる

A calcium- and calpain-dependent pathway determines the response to lenalidomide in myelodysplastic syndromes p.727

doi: 10.1038/nm.4127

がん:免疫調節薬はセレブロン–CD147–MCT1軸を破壊して抗腫瘍活性と催奇形性をもたらす

Immunomodulatory drugs disrupt the cereblon–CD147–MCT1 axis to exert antitumor activity and teratogenicity p.735

doi: 10.1038/nm.4128

がん:MYC-オーロラキナーゼAタンパク質複合体はp53に変化が生じている肝がんで実用化可能な薬剤標的である

A MYC–aurora kinase A protein complex represents an actionable drug target in p53-altered liver cancer p.744

doi: 10.1038/nm.4107

HIV:PD-1+および濾胞ヘルパーT細胞は、治療後で血中にウイルスが検出されない患者で見られる持続的HIV-1転写の原因である

PD-1+ and follicular helper T cells are responsible for persistent HIV-1 transcription in treated aviremic individuals p.754

doi: 10.1038/nm.4113

HIV:SIVmac251感染リスクの自然免疫および適応免疫におけるアジュバント依存的シグネチャー

Adjuvant-dependent innate and adaptive immune signatures of risk of SIVmac251 acquisition p.762

doi: 10.1038/nm.4105

糖尿病:やせによって選択されたマウスの脂肪細胞で発現される抗糖尿病標的がチオ硫酸サルファートランスフェラーゼであることの遺伝学的確認

Loss of the co-repressor GPS2 sensitizes macrophage activation upon metabolic stress induced by obesity and type 2 diabetes p.771

doi: 10.1038/nm.4115

糖尿病:コリプレッサーGPS2の喪失は肥満や2型糖尿病により誘導される代謝ストレスの際にマクロファージ活性化を起こしやすくする

Loss of the co-repressor GPS2 sensitizes macrophage activation upon metabolic stress induced by obesity and type 2 diabetes p.780

doi: 10.1038/nm.4114

がん:急性骨髄性白血病に見られるエピジェネティックな不均一性と遺伝的な不均一性のそれぞれ独自の進化と動態

Distinct evolution and dynamics of epigenetic and genetic heterogeneity in acute myeloid leukemia p.792

doi: 10.1038/nm.4125

Review

微生物学:若齢期のマイクロバイオーム:その後の健康との関連

The microbiome in early life: implications for health outcomes p.713

doi: 10.1038/nm.4142

Technical Report

異種移植モデル:ヒト化骨髄小骨の異種移植モデルは、ヒトの健康な造血細胞や白血病の造血細胞の生着を改善できる

A humanized bone marrow ossicle xenotransplantation model enables improved engraftment of healthy and leukemic human hematopoietic cells p.812

doi: 10.1038/nm.4103

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度