Nature Medicine 目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

蚊の足を引っ張る:監視や規制の不確実性が懸念を呼び、遺伝子改変した蚊の環境中への放出を遅らせている

Buzzkill: Regulatory uncertainty plagues rollout of genetically modified mosquitoes p.416

doi: 10.1038/nm0515-416

未知なる敵:米国ではエンテロウイルス68型(EV-68)の感染が拡大しており、麻痺症状との関連性が明らかになるにつれて、このウイルス用の薬剤を求める声が高まっている

An unknown enemy: Drugs sought against EV-68 as paralysis link is explored p.419

doi: 10.1038/nm.3846

News & Views

T細胞の経内皮移動はB細胞依存性の機構によって抑えられている

A B cell–dependent mechanism restrains T cell transendothelial migration p.424

doi: 10.1038/nm.3858

腫瘍のウイルス療法に手を貸すクロストーク・ネットワーク

A cross-talk network that facilitates tumor virotherapy p.426

doi: 10.1038/nm.3857

十二指腸のエネルギー感知機構が肝臓のグルコース放出を調節する

Duodenal energy sensing regulates hepatic glucose output p.428

doi: 10.1038/nm.3859

白血球エラスターゼ抑制剤を神経因性疼痛の治療に転用する

Repurposing a leukocyte elastase inhibitor for neuropathic pain p.429

doi: 10.1038/nm.3861

Perspective

がん:抗腫瘍薬開発の際のトランスレーショナル研究におけるマウスモデルの有用性

Translational value of mouse models in oncology drug development p.431

doi: 10.1038/nm.3853

Letters

血友病:血友病での血液凝固系のバランスを回復し止血を促すための、アンチトロンビンを標的とするRNA干渉薬

An RNAi therapeutic targeting antithrombin to rebalance the coagulation system and promote hemostasis in hemophilia p.492

doi: 10.1038/nm.3847

糖尿病:レスベラトロールはラットで十二指腸のSirt1を活性化し、神経回路網を介してインスリン抵抗性を解消する

Resveratrol activates duodenal Sirt1 to reverse insulin resistance in rats through a neuronal network p.498

doi: 10.1038/nm.3821

糖尿病:メトホルミンはラットで十二指腸のAmpk依存性経路を活性化し、肝臓でのグルコース産生を低下させる

Metformin activates a duodenal Ampk–dependent pathway to lower hepatic glucose production in rats p.506

doi: 10.1038/nm.3787

糖尿病:膵臓アルファ細胞のグルコース輸送体SGLT2のダパグリフロジンによる阻害はグルカゴン分泌を引き起こす

Inhibition of the glucose transporter SGLT2 with dapagliflozin in pancreatic alpha cells triggers glucagon secretion p.512

doi: 10.1038/nm.3828

神経因性疼痛:セリンプロテアーゼの阻害物質であるSerpinA3NはT細胞由来白血球エラスターゼの阻害により神経因性疼痛を軽減する

The serine protease inhibitor SerpinA3N attenuates neuropathic pain by inhibiting T cell–derived leukocyte elastase p.518

doi: 10.1038/nm.3852

がん:ヘパラナーゼは腫瘍浸潤とCAR導入Tリンパ球の抗がん活性を助長する

Heparanase promotes tumor infiltration and antitumor activity of CAR-redirected T lymphocytes p.524

doi: 10.1038/nm.3833

がん:腫瘍微小環境内での細胞間相互クロストークは腫瘍溶解性ウイルスの活性を増進する

Reciprocal cellular cross-talk within the tumor microenvironment promotes oncolytic virus activity p.530

doi: 10.1038/nm.3848

Articles

がん:複雑度の高いライブラリーを用いるバーコーディング法を使って、がん治療に対する応答におけるクローン動態を調べる

Studying clonal dynamics in response to cancer therapy using high-complexity barcoding p.440

doi: 10.1038/nm.3841

がん:胃がんの分子解析によって明らかにされた、異なる臨床転帰に結びつくサブタイプ

Molecular analysis of gastric cancer identifies subtypes associated with distinct clinical outcomes p.449

doi: 10.1038/nm.3850

がん:活性なPin1は、急性前骨髄球性白血病および乳がんで全trans-レチノイン酸の主要な標的である

Active Pin1 is a key target of all-trans retinoic acid in acute promyelocytic leukemia and breast cancer p.457

doi: 10.1038/nm.3839

慢性炎症:T細胞移動のB細胞由来ペプチドによる恒常的調節は、自己免疫疾患や慢性炎症性疾患では障害されている

Homeostatic regulation of T cell trafficking by a B cell-derived peptide is impaired in autoimmune and chronic inflammatory disease p.467

doi: 10.1038/nm.3842

網膜変性疾患:光起電力を使うことによる高い視力の回復

Photovoltaic restoration of sight with high visual acuity p.476

doi: 10.1038/nm.3851

網膜疾患:Robo1とRobo2を介するSlit2シグナル伝達は網膜の血管新生に必要である

Slit2 signaling through Robo1 and Robo2 is required for retinal neovascularization p.483

doi: 10.1038/nm.3849

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度