目次

Volume 21 Number 6

表紙について

腫瘍が治療を回避する仕組みが、また見つかった。K S Thressたちは、上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害剤を投与された肺がん患者由来の血漿中無細胞画分DNAの塩基配列を解読して、EGFRの新たな治療抵抗性関連変異を明らかにした。また、B Liたちは、急性リンパ芽球性白血病患者由来の試料の全エキソーム塩基配列解読を行ってホスホリボシルピロリン酸シンテターゼ1遺伝子(PRPS1)の変異を見つけ出し、新規な化学療法抵抗性機構を明らかにした。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

防御可能なウイルス株の数を増やした9価ヒト・パピローマウイルスワクチンなどの最新ワクチンの再接種は、以前に投与されたワクチンのエピトープ以外のエピトープに対して免疫系が反応できなくなる「抗原原罪」によって阻まれている

Updated, augmented vaccines compete with original antigenic sin p.540

doi: 10.1038/nm0615-540

米国では、新生児の血液サンプルを採取してまれな遺伝的疾患の広がりなどを研究するための新生児マススクリーニング法が改定されて「検査への同意」が必要となり、サンプルの使用目的の説明の仕方など、検査実施に関するさまざまな懸念がわき起こっている

New consent requirements for newborn screening raise concerns p.542

doi: 10.1038/nm0615-542

腸内微生物相と多様な疾患との結び付きを調べる研究の進展に伴って必要性が高まっているマイクロバイオームモデルが、コンピューター上や実験培養、無菌マウスなどで大きく進歩し、これまで無視されてきたウイルスや真菌などの非細菌性病原体も考慮されるようになってきた

Microbiome models, on computers and in lab dishes, see progress p.543

doi: 10.1038/nm0615-543

薬剤設計では、化合物の標的との親和性に加えて、標的とどれだけ長く結合していられるかが、有効性だけでなく毒性や副作用を評価する場合にも大きな問題となる

Binding time—not just affinity—gains stature in drug design p.545

doi: 10.1038/nm0615-545

News & Views

B型肝炎ウイルス感染の際に免疫によって生じる病的状態の調節

Regulation of immunopathology in hepatitis B virus infection p.548

doi: 10.1038/nm.3873

アテローム斑内では平滑筋細胞がKLF4の働きでマクロファージ様細胞に変化する

Converting smooth muscle cells to macrophage-like cells with KLF4 in atherosclerotic plaques p.549

doi: 10.1038/nm.3875

不快な記憶:組織常在型T細胞の記憶が皮膚過敏症を促進する

Unpleasant memories: tissue-embedded T cell memory drives skin hypersensitivity p.551

doi: 10.1038/nm.3874

変異型のPRPS1:再発性急性リンパ芽球性白血病の新たな治療標的

Mutant PRPS1: a new therapeutic target in relapsed acute lymphoblastic leukemia p.553

doi: 10.1038/nm.3876

Brief Communications

がん:びまん性内在性橋グリオーマで機能から明らかになった治療標的

Functionally defined therapeutic targets in diffuse intrinsic pontine glioma p.555

doi: 10.1038/nm.3855

がん:獲得型のEGFR C797S変異は、EGFRにT790M変異が生じている非小細胞性肺がんでAZD9291抵抗性をもたらす

Acquired EGFR C797S mutation mediates resistance to AZD9291 in non–small cell lung cancer harboring EGFR T790M p.560

doi: 10.1038/nm.3854

Letter

免疫:皮膚免疫後のセントラル記憶細胞および常在性記憶T細胞のクローン起源は共通である

Common clonal origin of central and resident memory T cells following skin immunization p.647

doi: 10.1038/nm.3860

Articles

白血病:再発した小児ALLでは負のフィードバックに異常を示すPRPS1変異体がチオプリン抵抗性を促進する

Negative feedback–defective PRPS1 mutants drive thiopurine resistance in relapsed childhood ALL p.563

doi: 10.1038/nm.3840

がん:シクロフィリンA–CD147複合体は多発性骨髄腫細胞の増殖とホーミングを促進する

The Cyclophilin A–CD147 complex promotes the proliferation and homing of multiple myeloma cells p.572

doi: 10.1038/nm.3867

がん:4-1BB共刺激はキメラ抗原受容体の強力なシグナル伝達によって誘導されるT細胞疲弊を緩和する

4-1BB costimulation ameliorates T cell exhaustion induced by tonic signaling of chimeric antigen receptors p.581

doi: 10.1038/nm.3838

免疫:骨髄由来免疫抑制細胞は代謝調節を介して、B型肝炎の際に免疫によって生じる病的状態を調節する

Metabolic regulation of hepatitis B immunopathology by myeloid-derived suppressor cells p.591

doi: 10.1038/nm.3856

腎疾患:ダイナミンのアクチン依存性オリゴマー形成の薬理学的標的化は、多様な動物モデルで慢性腎疾患を軽減する

Pharmacological targeting of actin-dependent dynamin oligomerization ameliorates chronic kidney disease in diverse animal models p.601

doi: 10.1038/nm.3843

肥満:肥満の際にはマクロファージでのIrf5欠損が体にとって有利な形の脂肪組織拡大を引き起こし、インスリン感受性を改善する

Irf5 deficiency in macrophages promotes beneficial adipose tissue expansion and insulin sensitivity during obesity p.610

doi: 10.1038/nm.3829

糖尿病:マイクロRNA-200ファミリーは2型糖尿病での膵ベータ細胞の生存を調節する

The microRNA-200 family regulates pancreatic beta cell survival in type 2 diabetes p.619

doi: 10.1038/nm.3862

動脈硬化:平滑筋細胞のKLF4に依存する表現型変化はアテローム斑形成の病因に重要な役割を持つ

KLF4-dependent phenotypic modulation of smooth muscle cells has a key role in atherosclerotic plaque pathogenesis p.628

doi: 10.1038/nm.3866

免疫:1型制御性T細胞分化のAHRとHIF1-αによる代謝制御

Metabolic control of type 1 regulatory T cell differentiation by AHR and HIF1-α p.638

doi: 10.1038/nm.3868

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度