目次

Volume 17 Number 42020年4月号

「フォース」を感知するタンパク質を求めて

細胞が接触や圧力を感知する仕組みは長らく謎に包まれていた。しかし、2010年に圧力を感知するタンパク質Piezo2が発見され、この分野に火がついた。Piezo類に関する論文はこの3年間で300本以上発表されている。マラリア耐性との関連も報告されるなど、物理的な力を感知するタンパク質は、医薬の標的としても注目を集め始めている。

目次

特別公開記事Free access

新型コロナウイルス感染が拡大しやすい理由

新型コロナウイルス感染が拡大しやすい理由

新型コロナウイルス感染症を引き起こすウイルスの感染力が近縁のウイルスよりも高い原因は、微視的な特徴にあるのかもしれない。

<i>Nature</i> は次に何をすべきか

Nature は次に何をすべきか

Nature が150周年を迎えたのを機に、その価値観と、Nature を改善する方法について考えることにした私たちは、読者の意見をどうしても聞きたくて、アンケート調査を実施しました。

若手研究者支援について日欧で意見交換

若手研究者支援について日欧で意見交換

日本の若手研究者の支援に本当に必要なもの、それは何か。実績ある研究者や、文部科学省、JST、AMED関係者が、EUの代表者やEMBOのディレクターと、東京で意見を交換した。

留学者とその家族を支えたい! ケイロン・イニシアチブの取り組み

留学者とその家族を支えたい! ケイロン・イニシアチブの取り組み

世界で活躍することを目指す研究者と、その家族を支援するNPO法人ケイロン・イニシアチブが、研究者留学に帯同する家族を対象とした助成金制度を創設。理事長の足立春那(あだち・はるな)氏と、副理事長として活動をサポートする夫の剛也(たけや)氏に、設立のきっかけと設立に込めた思いを聞いた。

News in Japan

「つくばモデル」でSociety 5.0の実現へ

「つくばモデル」でSociety 5.0の実現へ

科学研究が社会を大きく左右する昨今、不確実な未来を見通して対策を講じるには産官学による連携が必須だ。そうした中、筑波大学は立地、設備、国際性などを生かし、トヨタ自動車と共にSociety 5.0実現に向けたプロジェクトを進めている。同大学が考える産官学連携について、内田史彦教授(国際産学連携本部)と柳沢正史教授(国際統合睡眠医科学研究機構)に聞いた。

News in Focus

ノートルダムの再建を支える科学

ノートルダムの再建を支える科学

2019年4月、パリのノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生した。人々に親しまれてきた大聖堂の炎上は世界に衝撃を与えたが、科学者たちはこの機会を利用して大聖堂の建材の研究に取り組んでいる。

強力な抗生物質をAIで発見

強力な抗生物質をAIで発見

これまでにない作用機序を持ち、「治療不可能」な細菌株にも有効な分子が、機械学習によって発見された。

現代人の体温は低下している

現代人の体温は低下している

現代人の平熱は19世紀の人に比べてわずかだが低くなっていることが、150年以上にわたる米国のデータから分かった。

太陽系の果ての雪だるまは赤かった

太陽系の果ての雪だるまは赤かった

NASAの探査機ニューホライズンズのデータから、宇宙探査史上最遠のカイパーベルト天体は、低温の有機分子に覆われていることが明らかになった。

スーパーコンピューターで古生代の生物多様性を探る

スーパーコンピューターで古生代の生物多様性を探る

最先端の計算技術で膨大なデータを解析することで、太古の生物多様性の変遷が3億年もの期間にわたり驚くべき精度で描き出された。

英国のEU離脱で科学研究への影響は?

英国のEU離脱で科学研究への影響は?

英国は2020年1月31日午後11時(グリニッジ標準時)、欧州連合(EU)を離脱する(註:この記事はNature 2020年1月30日号に掲載された。離脱は予定どおりに行われた)。この時刻から、2020年末までの11カ月間の「移行期間」が始まり、英国とEUの今後の関係を決める交渉が行われる。交渉には、EUの次の7年間の研究資金助成計画「ホライズン・ヨーロッパ」における英国の役割が含まれる。ホライズン・ヨーロッパは、2021年1月1日に始まり、1000億ユーロ(約12兆円)規模になるとみられている。Nature は、EU離脱に伴う2020年の交渉が、英国の科学研究や科学者にどのような影響があるかを調べた。

Features

「フォース」を感知するタンパク質を求めて

「フォース」を感知するタンパク質を求めて

細胞が接触や圧力を感知する仕組みは数十年にわたって謎に包まれていたが、近年になって、そこに関与するタンパク質の解明が大きく進んだ。

オーストラリアの森林火災に気候変動の影響

オーストラリアの森林火災に気候変動の影響

地球温暖化は、オーストラリアの広い範囲に甚大な被害を出した記録的な森林火災にどのような影響を及ぼしたのだろうか? 今、多くの研究者が謎解きに挑んでいる。

World View

世界的な問題の解決には社会科学が必要

世界的な問題の解決には社会科学が必要

英国学士院(ロンドン)の最高経営責任者ヘタン・シャー(Hetan Shah)は、人間の洞察がなければ、データとハードサイエンスのみではこの先10年間の難題を解決できないだろうと語る。

News & Views

結核ワクチンの効果的な接種経路は?

結核ワクチンの効果的な接種経路は?

結核の予防に広く使われているワクチンは、通常は皮内接種されているが、静脈内接種することで効果が大きく改善され、ほぼ完全に結核を予防できることが分かった。

免疫療法の最前線に位置するB細胞

免疫療法の最前線に位置するB細胞

このほど3つの研究から、免疫療法を受けた患者の良好な転帰に関連する免疫の2つの重要な構成要素が明らかになった。それは、B細胞と、それを含む三次リンパ組織様構造である。

宇宙の暗黒時代を銀河団で調べる

宇宙の暗黒時代を銀河団で調べる

遠方の銀河団の観測で、そこではビッグバンからわずか3億7000万年後に星形成が始まったことが分かった。この観測結果は、最初の星と銀河は、宇宙のどこでいつ現れたのかについて重要な手掛かりを与えてくれる。

有用な二次元材料の汎用的な作製法

有用な二次元材料の汎用的な作製法

有用で安定な二次元材料を容易に作製できる、汎用的な方法が開発された。この方法は工業スケールに拡張できる可能性があり、二次元材料の市場進出への重要な足掛かりになると期待される。

Technology & Tools

2020年注目の技術

2020年注目の技術

これからの1年間に大きな影響をもたらす可能性のある技術開発は何だろう? 思想的リーダー7人が、それぞれ予想を述べる。

News Scan

抗生物質に新たな問題

抗生物質に新たな問題

ウシへの投与が炭素循環に影響する。

Where I Work

Nature Highlights

Nature 2020年2/6〜2/27号のハイライトを掲載しています。

2020年2月6日号

2020年2月13日号

2020年2月20日号

2020年2月27日号

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度