Nature ハイライト

神経科学:刺激で恐怖記憶を消す

Nature 566, 7744

臨床では、心的外傷後ストレス障害の軽減のためにABS(alternating bilateral sensory stimulation;左右の脳への交互の感覚刺激)が患者に使用されているが、この戦略の基礎となる神経機構は明らかになっていない。今回H Shinたちは、ある音を聞いて恐怖を感じるように訓練されたマウスで、中脳上丘への非侵襲的視覚刺激が恐怖の長期的減弱をもたらすことを実証している。この恐怖減弱を維持するのに必要なのは、上丘と視床の間の結合で、この回路の活動を高めると、扁桃体で恐怖を符号化している細胞が抑制される。

2019年2月21日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度