Nature ハイライト

生物工学:CopyCatはマウスで超メンデル遺伝を誘導する

Nature 566, 7742

遺伝子ドライブは、昆虫においてさまざまな応用が成功している。ゲノム編集ツールを使えば、こうした活性のある遺伝的エレメントによる選択した形質の超メンデル遺伝が可能である。今回著者たちは、そうした遺伝的エレメント「CopyCat」を設計して、齧歯類において遺伝子ドライブ使用の実現可能性について調べた。彼らは、マウスでこのエレメントによるゲノム編集を行う最適なタイミングは修復機構によるコピーが起こりやすい雌の減数分裂期であり、これによって伝達効率を上昇できたと報告している。

2019年2月7日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度