Nature ハイライト

細胞生物学:Sec61チャネルの構造

Nature 566, 7742

新生タンパク質は細胞質で作られた後、小胞体へと運ばれてそこでさらにプロセシングを受ける。翻訳の完了したタンパク質の小胞体への輸送は、Sec61チャネルが、Sec62、Sec63、Sec71、Sec72タンパク質という別のタンパク質群と共同して行っている。T Rapoportたちは今回、この複合体全体のクライオ(極低温)電子顕微鏡構造を明らかにし、Sec61チャネルが活性化される仕組みと、完全に翻訳されたタンパク質の輸送が確実に行われる方法についての手掛かりを示している。

2019年2月7日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度