Nature ハイライト

神経科学:幹細胞機能の翻訳調節

Nature 566, 7742

幹細胞の運命決定に対する遺伝子発現の転写後調節の影響については分かっていない。A Martin-Villalbaたちは今回、in vivoで幹細胞がニューロンへと分化するときに、タンパク質合成が高度に調節されることを報告している。彼らは、単離した少数の細胞から活発に翻訳されているRNAの精製を可能にするタグ付リボソームタンパク質「RiboTag」を発現するマウスモデルを用いた。総mRNAと翻訳中のmRNAを比較したところ、幹細胞が前駆細胞運命に拘束されたときに、幹細胞因子をコードするmRNAや翻訳装置に関わるタンパク質をコードするmRNAなど、一部のmRNAの翻訳が低下することが分かった。こうした低下はmTORC1活性の減少と相関があり、幹細胞因子の転写後抑制が幹細胞性からの脱出を促進する機構を明らかにしている。

2019年2月7日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度