Nature ハイライト

生理学:腸管の上皮細胞間Tリンパ球が全身の代謝を調節する

Nature 566, 7742

マウスの腸管の上皮細胞間Tリンパ球(IEL)は、小腸にホーミングするためにインテグリンβ7 を必要とする。インテグリンβ7を欠損しているマウスの腸にはIELが存在しないが、IELが存在しないと代謝に有益な結果がもたらされることが、今回明らかになった。これは特に、高脂質で高糖質の食餌を摂取した場合に顕著であった。この変異型マウスは、基礎代謝が高く、食餌誘発性の肥満、高コレステロール血症、高血圧、糖尿病、アテローム性動脈硬化に抵抗性を示した。骨髄細胞や腸管IELにインテグリンβ7を欠くマウスでは、腸管で産生されるインクレチンホルモンであるGLP-1の活性が上昇し、これが次いでインスリンの分泌を刺激し、グルコースレベルの正常化や他の有益な代謝効果につながった。

2019年2月7日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度