Nature ハイライト

構造生物学:天然状態の水晶体中にあるギャップ結合チャネルの構造

Nature 564, 7736

ギャップ結合は細胞間チャネルで、これが隣接する細胞間の直接の連絡を可能にしている。ギャップ結合は12個のコネキシンサブユニットからなる。細胞種特異的に発現されるコネキシンアイソフォームの数は生物によって異なっていて、このようなコネキシンタンパク質のさまざまな組み合せによってチャネルごとに独自の性質が確保されている。S Reichowたちは今回、天然状態の水晶体中にあってコネキシン46とコネキシン50から構成されるギャップ結合チャネル(Cx46/50)の単粒子クライオ(極低温)電子顕微鏡構造を報告している。今回のデータと、以前に報告されたコネキシン26からなるチャネルとの比較からは、このようなチャネルの構造機能相関に関する情報が得られた。この研究はまた、遺伝性白内障の形成と結び付けられた遺伝的変異がCx46/50チャネル構造上に占める位置を明らかにしている。

2018年12月20日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度