Nature ハイライト

神経科学:苦難をも乗り越える強迫的欲求

Nature 564, 7736

臨床的所見からも動物モデルを用いた研究からも、薬物を乱用する個体の一部は、有害な結果に直面しても強迫的に薬物を求め、使用し続けることはよく知られている。C Lüscherたちは今回、自己刺激するモデルマウスを用い、マウス集団の一部は、たとえ報酬獲得時に電気ショックを受けても自己刺激を続けることを明らかにしている。これは、眼窩前頭皮質と背側線条体間の結合の強化によって起こると考えられた。これらのシナプスの強度を下げると、強迫的な報酬探索は加罰によって停止した。負の強化刺激を受けても強迫的報酬探索を続けることは嗜癖の特徴の1つであるが、今回、その原因となる可能性のあるシナプス投射路が特定された。

2018年12月20日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度