Nature ハイライト

免疫学: T細胞の活性化と増殖におけるBH4の役割

Nature 563, 7732

テトラヒドロビオプテリン(BH4)は、モノアミン神経伝達物質の産生、一酸化窒素の生成、痛みに関与する代謝酵素の補因子である。今回J Penningerたちは、BH4がT細胞の活性化と増殖に役割を担うことを報告している。BH4の合成に必要な酵素であるGTPシクロヒドロラーゼ1(GCH1)を欠損したマウスは、T細胞媒介性の自己免疫とアレルギー性炎症から保護された。GCH1の過剰発現は、CD4+ T細胞とCD8+ T細胞の活性化を増強し、同所性乳がんにおける抗腫瘍免疫を駆動した。著者たちは、未処置の乳がんマウスモデルにおけるBH4の治療的投与が腫瘍内エフェクターT細胞の増殖とともに乳がんの増殖を低下させることを示している。

Letter p.564
doi: 10.1038/s41586-018-0701-2 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年11月22日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度