Nature ハイライト

遺伝学:最新版ネッタイシマカゲノムアセンブリ

Nature 563, 7732

L Vosshall、A Phillippy、D Neafseyたちは今回、デング、黄熱、ジカ、チクングニアなどのウイルス病原体の主な媒介生物であるネッタイシマカ(Aedes aegypti)の改良された参照ゲノムを報告している。彼らは、この新しいゲノムアセンブリ(AaegL5)と注釈付けを用いて、構造多様性や遺伝子ファミリーを含む遺伝的変動についてのより高分解能のマップを作製し、野生と実験室コロニーのネッタイシマカで遺伝的変動の調査を行った。さらに、タイの蚊集団を用いてデングウイルス媒介能力に関わる候補座位のマッピング、そしてメキシコの蚊集団を用いて殺虫剤ピレスロイドへの抵抗性に関わる座位のマッピングを行った。この参照ゲノムは、蚊の生物学的性質、性決定、進化、および介入戦略のための情報源になる。

2018年11月22日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度