Nature ハイライト

幹細胞:骨を修復する神経堤プログラムの活性化

Nature 563, 7732

骨格幹細胞が、骨折後や骨破壊後に、その機械刺激をどのように読み取るかは分かっていない。今回M Longakerたちは、下顎骨を分割して骨成長を誘導するマウスモデルを用いて、新しく形成された骨領域は、神経堤の遺伝子発現プログラムが活性化された細胞に由来していて、この活性化は機械刺激に応答するFAK(focal adhesion kinase)経路の作用を介することを見いだしている。

2018年11月22日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度