Nature ハイライト

天文学: 異なる種類の超新星

Nature 550, 7674

Ia型超新星の光度曲線はかなり一様で標準化できるため、宇宙論に適しているが、どのような経路を通って爆発するのかはまだよく分かっていない。超新星爆発の直後に見られる閃光は、通常の伴星にぶつかった衝撃波の証拠であるとする主張が数年前になされたが、これまでの証拠の大半は、爆発が2つの白色矮星の合体から生じることを示唆している。今回J Jiang(東京大学)たちは、Ia型超新星爆発の半日後に赤色の閃光を観測したと報告している。彼らはこの観測結果から、この閃光が、爆発する星をとりまく薄いヘリウム殻の点火によって生じているという結論に達した。今回の知見は、以前に提案されたヘリウム点火経路の存在を裏付けている。

Letter p.80
doi: 10.1038/nature23908 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年10月5日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度