Nature ハイライト

細胞生物学:半数体の生活に都合の良い調節戦略

Nature 506, 7488

有性生殖では、半数体の配偶子が接合して二倍体細胞が形成され、その後これが減数分裂を経て、組換えを起こした半数体が形成される。二倍体での生活が大部分を占める出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)では、接合過程と減数分裂過程は別々に調節されている。今回R Bennettたちは、S. cerevisiaeと近縁の半子嚢菌酵母Candida lusitaniaeでは、接合と減数分裂が1つの過程として調節されていて、半数体の形成に都合が良くなっていることを明らかにした。接合と減数分裂の協調は、系統的にもっと遠縁の子嚢菌分裂酵母(Schizosaccharomyces pombe)ですでに見つかっていることから、このような調節の一体化は複数回にわたって進化したと考えられる。

2014年2月20日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度