Research Abstract

世界の国々の生活満足度、不平等感、エネルギー費用負担

Multinational life satisfaction, perceived inequality and energy affordability

2019年6月11日 Nature Sustainability 2 : 6 doi: 10.1038/s41893-019-0303-5

世界の国々の生活満足度、不平等感、エネルギー費用負担
拡大する

エネルギー貧困に関する既存の観察可能な指標には、政策の基礎となるエビデンスとしての限界がある。この欠点に対処するため、本論文では主観的なエネルギー貧困の解析を行う。調べるのは、自己申告によるエネルギー費用負担と、生活満足度、健康状態、経済的不平等との関連である。37カ国の10万956人が回答した大規模な調査から、エネルギー費用負担は、開発途上国と先進国の両方で人々の関心事となっていることが明らかになった。自己申告による(人々が認知している)評価結果は、既存の研究と必ずしも一致せず、地域的、経済的、発展的、文化的要素によって異なっていた。このエビデンスを、健康寿命や保健福祉への政府支出といった国家レベルのデータと対比することで、自己申告による評価結果と、所得水準と、国家政策との関係が明らかになった。国の福祉支出は人々が認知している経済格差を縮小させることができるが、所得の高さは、人々が認知している満足感や健康や経済に関する評価結果の高さと必ずしも関連していなかった。ほとんどの低所得国では、エネルギーアクセスの強化によって健康に関する評価結果が改善される可能性があるものの、生活習慣や文化的要素も重要な役割を担っていた。発展途上国での評価結果が先進国からの開発援助によって改善する可能性はあるものの、客観的に見た生活満足度が比較的低い発展途上国では、文化などの要素が人々の満足感を支えていることが示された。一部の国々では、所得水準が低いにもかかわらず、健康や生活満足度に関する評価結果が高いことも明らかになった。今回の調査は、生活満足度や健康の根底にある、コミュニティーのつながりや家族的な要素といった所得以外の要素を明らかにするために、さらなる研究が必要であることを明確に示している。

Andrew Chapman, Hidemichi Fujii and Shunsuke Managi

Corresponding Authors

Andrew Chapman
九州大学 環境社会/エネルギー科学 准教授

藤井 秀道
九州大学 経済学研究院 国際経済経営部門

馬奈木 俊介
九州大学 工学研究院 環境社会部門 都市システム工学講座 教授

We analyse subjective experiences of energy poverty to address the limitations of existing observable indicators as evidence for policy. We investigate the linkage between self-reported energy affordability and life satisfaction, health and economic inequality. A large-scale survey of 100,956 respondents across 37 nations shows that energy affordability concerns individuals in both developing and developed nations. Self-reported (perceived) values do not necessarily follow previous research and vary according to regional, economic, development and cultural factors. Contrasting this evidence with national-level data, such as healthy life expectancy and government spending on health and welfare, we identify associations between self-reported outcomes, income levels and national policy. Although national welfare spending can reduce the perceived economic gap, high income is not necessarily associated with better perceived satisfaction, health or economic outcomes. Enhancing energy access may lead to improved health outcomes in the most marginalized nations; however, lifestyle and cultural factors also play a role. Although the outcomes of less-developed nations can likely improve through development aid from more-developed nations, our results show that cultural and other factors underpin satisfaction in developing nations, which experience comparatively poorer life satisfaction. We identified that some nations had superior outcomes for health and life satisfaction despite lower income levels. This highlights the need for further research to uncover non-income-based factors that underlie life satisfaction and health, such as community connectedness or familial factors.

「おすすめのコンテンツ」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度