イベントレポート

学際的研究を超えたその先へ ― SDGs達成に向けて ―

2021年3月26日、東京大学未来ビジョン研究センターとシュプリンガー・ネイチャーの共同で、「SDGsシンポジウム2021:学際的科学から解決策を考える食料、水、気候、生態系の持続可能な開発目標」がオンラインで開催された。シンポジウムは、基調講演・研究発表・パネルディスカッションで構成され、SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて意義深い意見が交わされる貴重な機会となった。

サステイナビリティ研究が拓く持続可能な未来 — 科学と社会の連携でSDGs達成を目指す

2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。2016〜2030年の15年間で17の目標の達成を目指す。そのために、学際的なサステイナビリティ研究が果たす役割は何か。2018年9月20日、国連大学(東京・渋谷)で、本タイトルの下、多分野の専門家が集まり熱心な議論が行われた。このイベントは、最先端のサステイナビリティ研究を掲載するNature Sustainability が、2018年1月に創刊されたのを機に企画された。

Implementing Solutions for the SDG’s: The Role of Sustainability Research

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度