Research press release

【動物行動】福島原発事故がペットの犬に残した影響

Scientific Reports

Animal behaviour: How did the Fukushima disaster affect pet dogs?

2011年の福島第一原子力発電所事故後に福島県内で置き去りにされた犬と日本国内の他の地域で置き去りにされた犬について、その行動とストレスホルモン「コルチゾール」の濃度に関する比較研究が行われた。福島県内で置き去りにされた犬の行動応答と内分泌応答の結果からは、極度のストレスを受けた時期を過ごしたことが示唆されており、こうした応答は、再社会化訓練と介護を受けた後も続いていた。この結果を報告する論文が、Scientific Reportsに掲載される。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震とその後の原子力発電所事故で、34万人が避難生活を強いられ、この事故と長期間の避難生活により、数多くのペットが放置されてしまった。麻布大学の学生は、神奈川県内の救援センターに保護された犬について、訓練施設で心身の介護を行ったうえで、新しい飼い主を世話するプログラムを実施しているが、2011年には、福島で被災した犬についても実施されるようになった。

今回、永澤美保(ながさわ・みほ)と茂木一孝(もぎ・かずたか)、菊水健史(きくすい・たけふみ)は、再社会化訓練の実施中に、犬の行動の特徴と尿中コルチゾール濃度を評価した。福島からやってきた犬は、神奈川で保護された犬と比べて、知らない人に対する攻撃性が有意に低く、訓練可能性が低く、介護者に対する愛着も低かった。福島から来た犬の尿中コルチゾール濃度は5~10倍高く、この傾向は10週間以上も続いた。このことは、犬に対する震災の影響の持続性を示唆している。

今回の研究は、サンプル数が少ないため、福島での震災体験以外の要因を排除することが難しかった点を永澤たちは指摘している。例えば、福島からやってきた犬は、他の犬よりも比較的高齢だった。ただ、今回の研究で年齢と関連した影響は見つかっておらず、震災後の体験が最も重要な要因だったことが示唆されている。ペットに対する災害の長期的影響については、今後の研究の積み重ねが必要だと永澤たちは結論づけている。

A comparison of the behaviour and levels of the stress hormone cortisol in dogs abandoned after the Fukushima nuclear accident in 2011 and those abandoned in another region of Japan is published in the journal Scientific Reports. The behavioural and endocrine responses of dogs from the Fukushima region suggest they underwent a period of extreme stress, which persisted even after resocialization training and care.

The Tohoku earthquake of 11 March 2011 and subsequent nuclear incident has left around 340,000 Japanese people living as refugees. The accident and prolonged refugee situation has also led to the unintentional abandonment of many pets. Students at the University of Azabu have been conducting a program to place dogs from a rescue centre in Kanagawa with new owners, after the provision of psychosomatic care in a training facility. In 2011, these services were also provided for disaster-affected dogs from Fukushima.

During resocialization training, Miho Nagasawa, Kazutaka Mogi and Takefumi Kikusui assessed the dogs’ behavioural characteristics and urine cortisol levels. They found that compared to dogs from Kanagawa, the Fukushima dogs showed significantly lower levels of aggression towards unfamiliar people, lower trainability and lower attachment to carers. The urine cortisol levels of the Fukushima dogs were also five to ten times higher, a trend which persisted even after 10 weeks, suggesting the disaster had a prolonged impact on these animals.

As the study was based on a limited number of samples, it was difficult to eliminate factors other than the experience of the disaster in Fukushima, the authors caution. The Fukushima dogs were relatively older than the others, for example, although the authors found no age-related effects, suggesting the dogs’ experience after the disaster was the most significant factor. Further research is needed into the long-term impacts of disasters on pets, the authors conclude.

doi: 10.1038/srep00724

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度