Research press release

動物学:ニシゴリラは縄張り意識を持っているかもしれない

Scientific Reports

Zoology: Western gorillas may be territorial

ニシゴリラの群れは、自らの行動圏の中心部分を近隣の群れから防御していると考えられることが研究によって明らかになった。この知見は、ニシゴリラが縄張り意識を持っていることを示唆していると考えられる。この研究結果を報告する論文が、Scientific Reports に掲載される。

ゴリラは、行動圏(生活し移動する空間)が広く、複数の群れの行動圏が広範囲にわたって重複しており、群れの間での攻撃が少ないため、縄張り意識を持たないと広く考えられている。

今回、Robin Morrisonたちの研究チームは、大規模なカメラトラップ調査を行って、コンゴ共和国の60平方キロメートルの領域に生息するニシゴリラの群れ(8群、合計113頭)を監視し、それぞれの群れの行動圏を決定した。その行動圏には一部重複があったが、ゴリラは、同じ日に別の群れが訪れた場所で摂食を回避する傾向を示し、その場所が、別の群れの行動圏の中心部分に近いほど、回避行動をとる可能性が高かった。

Morrisonたちは、ゴリラが他の群れの行動圏の中心部分を避けて、紛争を防止している可能性があると考えている。行動圏の中心部分は、物理的攻撃やドラミング(胸を打ち鳴らす仕草)によって防御されていると考えられるからだ。また、Morrisonたちは、大きな群れの方が小さな群れよりも中心部分を防御しやすいと考えられることを明らかにしている。

ゴリラの群れの間の相互作用は、社会的、家族的関係と縄張り意識によって影響されるため、ゴリラの社会構造がこれまで考えられていたよりも複雑であることを示唆する証拠が増えてきており、今回の研究によって得られた知見もそうした証拠の1つとなった。

Groups of western gorillas may defend the centres of their home ranges against neighbouring groups, a study in Scientific Reports suggests. These findings may suggest that western gorillas are territorial.

Gorillas are widely assumed to be non-territorial due to their large home ranges (the areas in which they live and move), extensive overlap between the home ranges of different groups, and limited aggression between groups.

Robin Morrison and colleagues used large-scale camera trapping to monitor eight groups of western gorillas (113 individuals in total) across a 60 km2 area in the Republic of Congo. The authors determined the home ranges of each group and found that, although there is some overlap in the home ranges of different groups, gorillas tended to avoid feeding in areas that had been visited by another group that day. Avoidance was more likely the closer the area was to the central region of another group’s home range.

The authors suggest that gorillas may avoid the centres of other groups’ home ranges to prevent conflict as these regions may be defended by physical aggression or chest beating. They also suggest that larger groups may find it easier to defend central regions than smaller groups.

The findings contribute to a growing body of evidence suggesting that the social structures of gorillas are more complex than previously thought, as interactions between groups are influenced by social and familial relationships and territoriality.

doi: 10.1038/s41598-020-60504-6

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度