Research press release

【海洋生物学】捕食者から逃れるために群れの中で協調して深く潜水するクジラ

Scientific Reports

Marine biology: Whales coordinate deep dives to evade predators

群れで行動するアカボウクジラとコブハクジラは、極端な同調潜水行動を通じて、捕食されるリスクの低減を図っていることを明らかにした論文が、今週Scientific Reportsに掲載される。深く潜水するクジラは他にもいるが、こうした行動は観察されたことがない。この行動の根底にある理由は分かっていない。

今回、Natacha Aguilar de Soto、Mark Johnson、Peter Madsenたちの研究チームは、潜水深さ、潜水時の角度と発声を探知するセンサーを装着したアカボウクジラとコブハクジラ(合計26頭)から得られたデータを解析した。これらのクジラは、きめ細かく調整された潜水行動で深い水域に移動し、反響定位(音を使って獲物を探すこと)を行って採餌しており、シャチに捕獲されやすい浅い水域では発声を抑制していた。これらのクジラが発声を始めたのは、平均水深450メートルの地点で、それから個別に餌を探し始めた。その後、クジラは、平均水深750メートルの地点で再び群れになり、平均水平距離1キロメートルをかけて浅い角度で静かに浮上した。

この研究チームは、これらのクジラが、シャチの攻撃範囲内の水深から離れるまで発声を抑制し、浮上する地点を予測できないようにして、シャチの追跡を防いでいるという考えを示しているが、この戦略のコストが大きいことも指摘している。1時間以上の長い時間をかけて潜水から静かに浮上するために、他のハクジラ類が用いる潜水戦略と比べて採餌時間が約35%短縮される。

以上の新知見は、アカボウクジラとコブハクジラの独特な潜水・発声行動を駆動する強い進化力が捕食リスクであった可能性を示唆している。このことは、クジラの大量座礁に関係があるとされてきた海軍ソナーに対するクジラの反応を説明する上で役立つかもしれない。

Groups of beaked whales reduce predation risk through extreme diving synchronization, according to a study in Scientific Reports. This behaviour has not been observed in other deep diving whales and the underlying reasons have remained unclear.

Natacha Aguilar de Soto, Mark Johnson, Peter Madsen and colleagues analysed data on 26 beaked whales carrying sensors that tracked the depths they swam to, the steepness of their dives, and the sounds they made. The authors observed that the whales performed closely coordinated deep dives in order to forage using echolocation (using sounds to search for prey) but limited vocalizations at shallow depths where they are vulnerable to hunting by killer whales. Beaked whales began vocalizations at an average depth of 450 metres before searching for food individually. Whales then reunited as a group at an average depth of 750 metres and ascended silently to the surface at a shallow angle covering an average horizontal distance of one kilometre.

The authors suggest that by limiting vocalizations to depths out of the range of killer whale attacks and surfacing at unpredictable locations, beaked whales prevent killer whales from tracking them. However, the authors note that this strategy is costly; long silent ascents from dives lasting more than one hour reduce foraging time by around 35% compared to the diving strategies used by other toothed whales.

The findings suggest that predation risk may have been a strong evolutionary force driving the unique diving and vocal behaviour of beaked whales. This may also help to explain the whale's reaction to naval sonar which, has been linked to mass strandings.

doi: 10.1038/s41598-019-55911-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度