Research press release

【遺伝】アイリッシュ・トラヴェラーの起源ブックマーク

Scientific Reports

Genetics: The origins of the Irish Traveller population

アイリッシュ・トラヴェラーという集団の起源を論じた研究論文が、今週掲載される。今回の研究では、アイリッシュ・トラヴェラーがその他のアイルランド人の集団から分岐したのが今から200~420年前だったことが示唆されている。この新知見は、アイリッシュ・トラヴェラーの起源をアイルランドの大飢饉(1845~1852年)の時期とした有力な仮説と矛盾している。

アイルランド国内のトラヴェラーのコミュニティーは29,000~40,000人からなり、アイルランドの総人口の約0.6%に当たる。アイリッシュ・トラヴェラーの起源については、この集団の歴史に関する文書証拠がないために論争が起こっており、広く受け入れられている学説による説明がなされていない。

今回、Gianpiero Cavalleriの研究チームは、アイリッシュ・トラヴェラー42人、ヨーロッパのロマ民族143人、アイルランド人定住民2232人、英国人2039人、ヨーロッパ人5964人、その他の民族931人の遺伝的データを比較して、トラヴェラーとその近隣に住む民族の関係を調べた。その結果、アイリッシュ・トラヴェラーの祖先は、他のアイルランド人によく似た古い時代のアイルランド人であり、ヨーロッパのロマ民族とは特に遺伝的結びつきはないことが明らかになった。Cavalleriたちは、アイリッシュ・トラヴェラーが他のアイルランド人から分岐したのは、少なくとも8世代前(1世代30年で計算した)のことだと考えている。

また、Cavalleriたちは、アイリッシュ・トラヴェラーの集団におけるホモ接合度(ゲノム全体において父母の双方から同じゲノム配列を受け継いだ状態が占める割合)に関する理解と遺伝的浮動による稀な遺伝子バリアントの増加傾向に関する理解が進むことは、アイルランド国内の疾患マップの作成にとって重要な意味を持つ可能性のある点も指摘している。

The origins of the Traveller population in Ireland are discussed in a study published in Scientific Reports this week. The research suggests that Travellers genetically diverged from the rest of the Irish population between 200-420 years ago. This runs contrary to a popular hypothesis that places their origins during the Great Famine (1845-1852).

The Traveller community within Ireland consists of between 29,000-40,000 individuals, representing 0.6% of the total population. Owing to a lack of documentary evidence on their history, the origin of Irish Travellers is a source of debate, with no single explanation widely accepted.

By comparing genetic data from 42 Irish Traveller individuals with 143 European Roma, 2232 settled Irish, 2039 British, 5964 European and 931 individuals from the rest of the world, Gianpiero Cavalleri and colleagues investigated the relationship between Travellers and neighbouring populations. The authors found that the Irish Traveller population has an ancestral Irish origin, closely resembling the wider Irish population, with no particular genetic link to the European Roma. The authors suggest that the Irish Travellers diverged from the rest of the population in Ireland at least eight generations ago (assuming each generation to be 30 years).

The authors note that a better understanding of the degree of homozygosity (the number of identical forms of the same genes in the population) and the drift to rarer variants of genes within the Irish Traveller population could have implications for disease mapping within Ireland.

doi: 10.1038/srep42187 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度