Research Abstract

プロバイオティクスが2型糖尿病のバクテリアルトランスロケーションを減少させる:無作為化比較対照試験

Probiotic reduces bacterial translocation in type 2 diabetes mellitus: A randomised controlled study

2017年9月21日 Scientific Reports 7 : 12115 doi: 10.1038/s41598-017-12535-9 (2017)
プロバイオティクスが2型糖尿病のバクテリアルトランスロケーションを減少させる:無作為化比較対照試験
拡大する

血液中への腸内細菌の移行(バクテリアルトランスロケーション)は2型糖尿病におけるインスリン抵抗性に重要な役割を担っている可能性がある。本論文では、無作為化比較対照介入試験を行い、プロバイオティクスが、バクテリアルトランスロケーションを減少させるかどうか、また腸内細菌叢の変化を引き起こすかどうかを調べた。2型糖尿病の70人の日本人患者を無作為に2群に割り付け、プロバイオティクス群には、Lactobacillus caseiシロタ株を含む発酵乳を摂取させ、対照群にはプロバイオティクスを摂取させなかった。この試験は16週間行われた。ベースライン時(摂取前)、8週間後、16週間後に、便中および血中の腸内細菌叢構成、便中有機酸濃度、他の生化学パラメーターを測定した。試験終了時には、プロバイオティクス群は、対照群よりもClostridium coccoidesグループやClostridium leptumサブグループの便中の菌数が有意に増加していた。予想されたように、便中のラクトバチルス属(Lactobacillus)の総菌数はプロバイオティクス群で有意に高値であった。興味深いことに、血液中から検出された総菌数はプロバイオティクス群で有意に低下していた。しかし、便中有機酸濃度は2群間で同等であった。我々の結果から、2型糖尿病の日本人患者ではプロバイオティクスの投与により腸内細菌叢が変化し、バクテリアルトランスロケーションが減少した。

Junko Sato, Akio Kanazawa, Kosuke Azuma, Fuki Ikeda, Hiromasa Goto, Koji Komiya, Rei Kanno, Yoshifumi Tamura, Takashi Asahara, Takuya Takahashi, Koji Nomoto, Yuichiro Yamashiro and Hirotaka Watada

Corresponding Author

金澤 昭雄
順天堂大学大学院 医学研究科・代謝内分泌内科学

Gut bacterial translocation to the blood may play an important role in the development of insulin resistance in type 2 diabetes. Here, we performed an interventional randomised control study to investigate whether probiotics could reduce bacterial translocation and cause changes in the gut microbiota. Seventy Japanese patients with type 2 diabetes were randomised to two groups: the probiotic group drank Lactobacillus caseiシロタ株を含む発酵乳を摂取させ、対照群にはプロバイオティクスを摂取させなかった。 strain Shirota-fermented milk, while the control group ingested no probiotics. The trial was conducted for 16 weeks. At baseline, 8 and 16 weeks, the gut microbiota composition in feces and blood, fecal organic acids, and other biochemical parameters were measured. At the end of the study, the fecal counts of the Clostridium coccoides group and Clostridium leptum subgroup in the probiotic group were significantly higher than in the control group. As expected, the fecal counts of total Lactobacillus were significantly higher in the probiotic group. Intriguingly, the total count of blood bacteria was significantly lower in the probiotic group. However, fecal organic acids were comparable between the two groups. Our results showed that probiotic administration reduced bacterial translocation and altered the gut microbiota in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus.

プライバシーマーク制度