Research Abstract

腸管で増殖するプロバイオティックビフィズス菌は、腸内細菌叢と酢酸濃度を変化させることでメタボリックシンドロームを抑制する ブックマーク

A proliferative probiotic Bifidobacterium strain in the gut ameliorates progression of metabolic disorders via microbiota modulation and acetate elevation

2017年3月2日 Scientific Reports 7 : 43522 doi: 10.1038/srep43522 (2017)
腸管で増殖するプロバイオティックビフィズス菌は、腸内細菌叢と酢酸濃度を変化させることでメタボリックシンドロームを抑制する
拡大する

腸内細菌叢は、肥満や糖尿病などメタボリックシンドローム(MS)の世界的な発症増加に関わる重要な因子である。 Bifidobacterium animalis ssp. lactis GCL2505(BlaG)(腸管で高い増殖性を示すビフィズス菌株)と、B. longum ssp. longum JCM1217T(BloJ)(一般的なビフィズス菌の基準株)の抗MS効果を比較した。BlaGの投与により、内臓脂肪が減少し、耐糖能が改善されたが、一方BloJの投与はこれらのパラメーターには影響を及ぼさなかった。腸内細菌叢の解析から、BlaGはBloJよりも腸内細菌叢全体の構造により強く作用し、ビフィドバクテリウム属を増やすことが明らかになった。BlaG投与により結腸と血漿の両方において、酢酸やGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)のレベルが上昇したが、BloJ投与ではこのような影響は見られなかった。腸内細菌叢と各パラメーターの相関解析から、BlaG投与による腸管内の酢酸の上昇はBlaGが誘導する抗MS効果において非常に重要な役割を担っていることが示唆された。これらの結果は、腸管において高い生存能力と増殖性を有するプロバイオティクスであるBlaGが、腸内細菌叢を調節してSCFA(特に酢酸)の上昇を引き起こすことで、代謝疾患を改善することを示している。

Ryo Aoki, Kohei Kamikado, Wataru Suda, Hiroshi Takii, Yumiko Mikami, Natsuki Suganuma, Masahira Hattori and Yasuhiro Koga

Corresponding Author

青木 亮
江崎グリコ株式会社健康科学研究所

The gut microbiota is an important contributor to the worldwide prevalence of metabolic syndrome (MS), which includes obesity and diabetes. The anti-MS effects exerted by Bifidobacterium animalis ssp. lactis GCL2505 (BlaG), a highly proliferative Bifidobacterium strain in the gut, and B. longum ssp. longum JCM1217T (BloJ) were comparatively examined. BlaG treatment reduced visceral fat accumulation and improved glucose tolerance, whereas BloJ had no effect on these parameters. Gut microbial analysis revealed that BlaG exerted stronger effects on the overall bacterial structure of the gut microbiota than BloJ, including enrichment of the genus Bifidobacterium. The levels of acetate and glucagon-like peptide-1 were increased by BlaG treatment in both the gut and plasma, but not by BloJ treatment. Correlation analysis suggested that the elevation of gut acetate levels by BlaG treatment plays a pivotal role in the BlaG-induced anti-MS effects. These findings indicated that BlaG, a highly viable and proliferative probiotic, improves metabolic disorders by modulating gut microbiota, which results in the elevation of SCFAs, especially acetate.

プライバシーマーク制度