Research Abstract

睡眠時間の短縮がエネルギー消費量、深部体温、食欲に及ぼす影響:ヒトを対象としたランダム化クロスオーバー試験 ブックマーク

Effect of shortened sleep on energy expenditure, core body temperature, and appetite: a human randomised crossover trial

2017年1月10日 Scientific Reports 6 : 39640 doi: 10.1038/srep39640 (2017)
睡眠時間の短縮がエネルギー消費量、深部体温、食欲に及ぼす影響:ヒトを対象としたランダム化クロスオーバー試験
拡大する

睡眠不足がもたらすエネルギー代謝や食欲への影響については、いまだ意見が分かれている。今回は、睡眠時間の短縮が、エネルギー代謝、深部体温(CBT)、食欲にどのような影響をもたらすかを検討した。健常な男性9名を対象に、3晩連続して3.5時間もしくは7時間の睡眠をとり、その後1晩、7時間睡眠をとるという2つの条件下でランダム化クロスオーバー試験を実施した。被験者のエネルギー消費量(EE)、基質利用率およびCBTを、部屋型代謝測定装置(ヒューマンカロリメーター)を用いて48時間にわたり継続的に測定した。被験者はヒューマンカロリメーターに入室している間、1時間毎に食欲についての質問票に記入した。睡眠時間の短縮は、EEや基質利用率に影響を及ぼさなかった。48時間の平均CBTは、7時間睡眠と比べて、3.5時間睡眠の場合に有意な低下が認められた(7時間睡眠の場合、36.75 ± 0.11 °C; 3.5時間睡眠の場合、36.68 ± 0.14 °C; p = 0.016)。3晩連続での睡眠時間の短縮によって、食欲抑制作用のあるホルモンであるペプチドYY(PYY)の濃度および満腹感は、7時間睡眠よりも3.5時間睡眠の場合において有意に低下した(p = 0.011)が、一方、空腹感や予想食事量は有意に上昇した。結論として、睡眠時間の短縮により、PYYの濃度が低下することで、食欲の亢進が認められたが、EEには影響しなかった。この結果は、睡眠不足を繰り返すことによるカロリー摂取量の増加が、肥満リスクを上昇させることを示唆していた。

Masanobu Hibi, Chie Kubota, Tomohito Mizuno, Sayaka Aritake, Yuki Mitsui, Mitsuhiro Katashima and Sunao Uchida

Corresponding Author

日比 壮信
花王ヘルスケア 食品研究所

The effects of sleep restriction on energy metabolism and appetite remain controversial. We examined the effects of shortened sleep duration on energy metabolism, core body temperature (CBT), and appetite profiles. Nine healthy men were evaluated in a randomised crossover study under two conditions: a 3.5-h sleep duration and a 7-h sleep duration for three consecutive nights followed by one 7-h recovery sleep night. The subjects’ energy expenditure (EE), substrate utilisation, and CBT were continually measured for 48 h using a whole-room calorimeter. The subjects completed an appetite questionnaire every hour while in the calorimeter. Sleep restriction did not affect total EE or substrate utilisation. The 48-h mean CBT decreased significantly during the 3.5-h sleep condition compared with the 7-h sleep condition (7-h sleep, 36.75 ± 0.11 °C; 3.5-h sleep, 36.68 ± 0.14 °C; p = 0.016). After three consecutive nights of sleep restriction, fasting peptide YY levels and fullness were significantly decreased (p = 0.011), whereas hunger and prospective food consumption were significantly increased, compared to those under the 7-h sleep condition. Shortened sleep increased appetite by decreasing gastric hormone levels, but did not affect EE, suggesting that greater caloric intake during a shortened sleep cycle increases the risk of weight gain.

プライバシーマーク制度