Research Abstract

血管壁の脂肪細胞が腹部大動脈瘤の破裂を誘導する可能性がある

Adipocyte in vascular wall can induce the rupture of abdominal aortic aneurysm

2016年8月8日 Scientific Reports 6 : 31268 doi: 10.1038/srep31268 (2016)
血管壁の脂肪細胞が腹部大動脈瘤の破裂を誘導する可能性がある
拡大する

腹部大動脈瘤(AAA)は、腹部大動脈が次第にコブ状の拡張を呈する血管疾患である。AAAの発生には血管壁の炎症が関連しているという報告がなされているが、AAA破裂のメカニズムは未だ完全には解明されていない。本研究で我々は、血管壁に循環不全を誘導してAAAを形成した動物モデルを用いて、AAA破裂の根本的なメカニズムを調べた。その結果、このモデルにトリオレインを投与すると、AAAの破裂率が高まることや、破裂した血管壁では、破裂しなかった血管壁よりも脂肪細胞の数が増えていることが判明した。破裂したAAA組織では、マクロファージの浸潤や、マトリックスメタロプロテアーゼ2および9のタンパク質レベルが、脂肪細胞の周囲で増えており、一方、壁の抗張力を保つコラーゲン陽性領域は、脂肪細胞のない領域よりも脂肪細胞のある領域で減っていた。脂肪細胞の肥大を抑制する魚油を投与すると、脂肪細胞の数とサイズが減少し、AAA破裂のリスク率がトリオレイン投与グループと比べて0.23低下した。手術時に採取したヒトのAAA標本の分析の結果、AAAの外膜組織中のトリグリセリド含量がAAAの最大短径と相関していた。これらの結果は、血管壁における脂肪細胞の異常増生がAAA破裂に関係していることを示唆している。

Adipocyte in vascular wall can induce the rupture of abdominal aortic aneurysm Hirona Kugo, Nobuhiro Zaima, Hiroki Tanaka, Youhei Mouri, Kenichi Yanagimoto, Kohsuke Hayamizu, Keisuke Hashimoto, Takeshi Sasaki, Masaki Sano, Tatsuro Yata, Tetsumei Urano, Mitsutoshi Setou, Naoki Unno and Tatsuya Moriyama

Corresponding Authors

財満 信宏
近畿大学 農学部 応用生命化学科

海野 直樹
浜松医科大学 外科学第二講座 血管外科

Abdominal aortic aneurysm (AAA) is a vascular disease involving the gradual dilation of the abdominal aorta. It has been reported that development of AAA is associated with inflammation of the vascular wall; however, the mechanism of AAA rupture is not fully understood. In this study, we investigated the mechanism underlying AAA rupture using a hypoperfusion-induced animal model. We found that the administration of triolein increased the AAA rupture rate in the animal model and that the number of adipocytes was increased in ruptured vascular walls compared to non-ruptured walls. In the ruptured group, macrophage infiltration and the protein levels of matrix metalloproteinases 2 and 9 were increased in the areas around adipocytes, while collagen-positive areas were decreased in the areas with adipocytes compared to those without adipocytes. The administration of fish oil, which suppresses adipocyte hypertrophy, decreased the number and size of adipocytes, as well as decreased the risk of AAA rupture ratio by 0.23 compared to the triolein administered group. In human AAA samples, the amount of triglyceride in the adventitia was correlated with the diameter of the AAA. These results suggest that AAA rupture is related to the abnormal appearance of adipocytes in the vascular wall.

プライバシーマーク制度