Research Abstract

がん特異的モノクローナル抗体は異常な糖鎖構造が付加されたポドプラニンを認識する

A Cancer-specific Monoclonal Antibody Recognizes the Aberrantly Glycosylated Podoplanin

2014年8月1日 Scientific Reports 4 : 5924 doi: 10.1038/srep05924 (2014)

血小板凝集を誘導するムチン様シアロ糖タンパク質ポドプラニン(PDPN/Aggrus/T1α)は、多くのがんおよび正常組織に高発現している。ある中和抗体(mAb、NZ-1)は、ポドプラニンとC型レクチン様受容体-2(CLEC-2)との間の会合を妨げ、ポドプラニン誘導性のがん転移を阻害できるが、NZ-1はリンパ管内皮細胞などのポドプラニンを発現する正常細胞にも反応する。この研究で我々は、ヒトのポドプラニンに対するがん特異的mAb(CasMab)を確立した。LN229膠芽腫細胞に発現しているケラタン硫酸もしくは異常なシアル化を含む異常な糖鎖構造が付加されたポドプラニンを免疫原として利用した。この新たに確立されたLpMab-2 mAbは、異常なO-グリコシル化およびヒトポドプラニンのThr55-Leu64ペプチドの両方を認識した。フローサイトメトリーおよび免疫染色で示されるように、LpMab-2はポドプラニンを発現するがん細胞には反応するが正常細胞には反応しないので、これはポドプラニンを発現するがんに対する分子標的療法にとって有用であることが期待される抗ポドプラニンCasMabである。

加藤 幸成1 & 金子(加藤)美華1

  1. 東北大学大学院 医学系研究科 地域イノベーション分野

Podoplanin (PDPN/Aggrus/T1α), a platelet aggregation-inducing mucin-like sialoglycoprotein, is highly expressed in many cancers and normal tissues. A neutralizing monoclonal antibody (mAb; NZ-1) can block the association between podoplanin and C-type lectin-like receptor-2 (CLEC-2) and inhibit podoplanin-induced cancer metastasis, but NZ-1 reacts with podoplanin-expressing normal cells such as lymphatic endothelial cells. In this study, we established a cancer-specific mAb (CasMab) against human podoplanin. Aberrantly glycosylated podoplanin including keratan sulfate or aberrant sialylation, which was expressed in LN229 glioblastoma cells, was used as an immunogen. The newly established LpMab-2 mAb recognized both an aberrant O-glycosylation and a Thr55-Leu64 peptide from human podoplanin. Because LpMab-2 reacted with podoplanin-expressing cancer cells but not with normal cells, as shown by flow cytometry and immunohistochemistry, it is an anti-podoplanin CasMab that is expected to be useful for molecular targeting therapy against podoplanin-expressing cancers.

プライバシーマーク制度