Volume 11 Number 12

Reviews

タンキラーゼを標的とした治療学:PARPファミリーの有望性を広げる

Tankyrase-targeted therapeutics: expanding opportunities in the PARP family p.923

doi: 10.1038/nrd3868

プロテインキナーゼCは、治療標的とすることができないのだろうか?

Protein kinase C, an elusive therapeutic target? p.937

doi: 10.1038/nrd3871

喘息治療に対する生物学的製剤の可能性

The potential of biologics for the treatment of asthma p.958

doi: 10.1038/nrd3792

Perspective

安全性に関わる薬物開発の減少を軽減する:in vitro薬理学的プロファイリングの使用

Reducing safety-related drug attrition: the use of in vitro pharmacological profiling p.909

doi: 10.1038/nrd3845

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度