Research press release

生きた細胞を選り分ける

Nature Physics

Living cells sorted

Nature Physics(電子版)に、さまざまな種類の細胞の集まりを容易に選り分ける方法が報告されている。この論文では、種依存的な生細胞の動きによって、細胞をマイクロ流体デバイスの別々のリザーバーに導き入れて選り分けられることが示されている。このことから、健康な細胞からがん細胞を濾し分ける新しい方法が最終的には可能になるかもしれない。

B Grzybowskiたちは、チャネルの壁がのこぎりの歯のような非対称構造をしていると、細胞を1つの方向に優先的に動かすことができるという「ラチェット効果」を利用して研究を行った。その結果、特定のチャネル構造では、細胞が優先的に動く方向はチャネルを通って動く細胞の種類によって決まることがわかった。Grzybowskiたちは、この結果を利用して、健康なラットの細胞、マウスの皮膚がん細胞、ヒトの乳がん細胞から選んだ2種類の細胞の混合物を選り分けて、2つのリザーバーに別々に入れている。

この効果は、さまざまな細胞の構造や力学的特性の違い、つまり病的な細胞と健康な細胞の間にしばしば生じる違いに起因すると考えられている。

A method that enables a collection of cells of different types to be easily sorted is reported online this week in Nature Physics. The paper shows that species-dependent motion of living cells can allow cells to be sorted by directing them into different reservoirs of a microfluidic device. This could ultimately enable new methods for filtering cancer cells from healthy ones.

Bartosz Grzybowski and colleagues based their work on the 'ratchet effect': when the walls of a channel have an asymmetric structure, such as that of a saw-tooth, it can force the cells to move preferentially in one direction. The team found that for certain channel structures, the direction of this preferential motion depends on the type of cell moving through a channel. They use this result to sort mixtures of two different types of cells ― chosen from healthy rat cells, mouse skin cancer cells and human breast cancer cells ― into two different reservoirs.

This effect is believed to be caused by differences in structure and mechanical properties of different cells ― differences that often occur between diseased cells and healthy ones.

doi: 10.1038/nphys1306

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度