Research press release

重力の量子効果を調べる

Nature Physics

Quantum effects of gravity probed

分光法を用いて、重力と量子力学の効果を同時に調べうることが、Nature Physics(電子版)で報告される。この方法は、重力の法則の感度の高い検証手段となるかもしれない。 一般的に分光法は、物質と電磁場の相互作用を調べるのに用いられる。対照的に、H Abeleたちは、分光法を用いて、重力の量子効果を調べている。彼らは、中性子を機械的に振動している鏡で跳ね返らせ、これを用いて地球の重力場における中性子の量子状態の遷移を調べている。同様の実験はこれまでにも行われているが、跳ね返る中性子を高い感度で測定したのはこれが初めてである。

The effects of gravity and quantum mechanics can be probed simultaneously using spectroscopy, reports a paper online this week in Nature Physics. This method might lead to sensitive tests of gravity laws.

Spectroscopic techniques are typically applied to study the interaction between matter and electromagnetic fields. In contrast, Hartmut Abele and colleagues use such techniques to probe the quantum effects of gravity. They bounce neutrons off a mechanically vibrating mirror, and use this to probe transitions between quantum states of neutrons in the Earth\'s gravitational field. Similar experiments have been done before, but this is the first to use spectroscopy to sensitively measure the properties of these bouncing neutrons.

doi: 10.1038/nphys1970

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度