Research press release

白亜紀初期の高温

Nature Geoscience

Early Cretaceous warmth

約1億4200万〜1億2800万年前の白亜紀初期には、海面水温がこれまで考えられていたよりも高く、少なくとも今日の温度よりも5℃高かったとの報告が寄せられている。

K Littlerたちは、北大西洋とインド洋のサイトで得られた海洋堆積物中に保持された有機化合物を用いて、海面水温を再現した。彼らは、1400万年間を通して温度は全体として暖かく安定していたことを見いだした。さらに、中緯度と低緯度との間の温度差は、現在よりも小さかったようだ。このことは、現在よりも約16℃も高温だったインド洋中緯度サイトの異常な高温の結果とほぼ考えられる。

Sea surface temperatures during the early Cretaceous period, about 142-128 million years ago, were warmer than previously thought, and at least five degrees Celsius warmer than today, according to a paper published online this week in Nature Geoscience.

Kate Littler and colleagues used organic compounds preserved in marine sediments to reconstruct sea surface temperatures from sites in the North Atlantic and Indian oceans. They found that temperatures were generally warm and stable throughout the 14-million-year period. Moreover, the temperature difference between the mid- and low-latitudes was minimal, relative to that found today. This was mostly the result of unusual warmth recorded at the mid-latitude Indian Ocean site, with temperatures about 16 degrees Celsius warmer than at present.

doi: 10.1038/ngeo1081

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度