Research press release

南カリフォルニアの低レベル地震活動

Nature Geoscience

Low-level seismicity in Southern California

南カリフォルニアのサンジャシント断層は、そこにかかる応力を比較的浅い深さでゆっくりと連続して適応させることができるので、中規模な地震が頻繁に起きる場所であることが報告される。このような振る舞いは、その近くのより地震の少ない南サンアンドレアス断層が、断層の両側が深部まで互いに固着して長期間にわたってひずみを蓄積しているのとは対照的である。

S Wdowinskiは、サンジャシント断層と南サンアンドレアス断層系との地震活動を比較した。Wdowinskiは、サンジャシント断層では上部10 kmのみでひずみを蓄積するのに対して、地殻のより深い部分では頻繁に起きる小地震と連続したクリープによって適応していることを見つけた。ひずみの蓄積量が限られているので、サンジャシント断層は大地震を起こすことはなく、その代わりに頻繁に小規模あるいは中規模な地震を起こす。それとは対照的に、その隣にある南サンアンドレアス断層系は17 kmの脆性的な地殻全体にわたってひずみを蓄積し、より規模の大きい地震でそのひずみを解放するのである。

The San Jacinto fault in Southern California is the site of frequent moderate earthquakes because it can adjust to applied stresses slowly and continuously at relatively shallow depths, suggests a paper published online this week in Nature Geoscience. This behaviour is in contrast to the nearby, and more quiescent, Southern San Andreas fault, in which the two sides of the fault stick together to a greater depth, and thus accumulates strain over longer periods.

Shimon Wdowinski compared seismic activity in the San Jacinto and Southern San Andreas fault systems. He found that only the top 10 km of crust at the San Jacinto fault accumulates strain, whereas the section deeper down in the crust adjusts through frequent small earthquakes and through continuous creep. Because of the limited amount of strain accumulation, the San Jacinto fault is unlikely to produce large earthquakes, instead experiencing frequent small or moderate events. In contrast, the neighbouring Southern San Andreas fault system accumulates strain throughout the entire 17 km of brittle crust, and releases its strain in larger seismic events.

doi: 10.1038/ngeo684

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度