Research press release

チベット高原を拡大する

Nature Geoscience

Stretching the Tibetan Plateau

チベット高原の伸張と拡大は、一部はユーラシア・プレートの下でインド・プレートが北向きに移動したことで起きたという報告が、今週のオンライン版に掲載される。これまでは、高原の拡大は自重によって崩壊した結果であると考えられることが一般的であった。

Richard Styronたちは、計算機モデルを用いてインド・プレートとユーラシア・プレートが衝突したときのチベット高原の進化をシミュレーションした。モデルの結果は、高原全体が重力によって崩壊し、およそ1600万年前以降東向きに拡大していることを裏付けている。

しかしながら、シミュレーションはまた、数百万年後に2回目の拡大の波が始まったことを示している。この後者の波は、最初の分裂よりも速い速度で起きていて、インド・プレートの北向きの沈み込みと並んで南から北向きに動いていた。研究者たちは、インド・プレートはユーラシア・プレートのはるか下で連続的に北向きの動きをさせられたので、表面の地殻もその上で伸張したことを示唆している。

The stretching and extension of the Tibetan Plateau is partly caused by the northward movement of the Indian Plate beneath the Eurasian Plate, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Previously the extension of the plateau was largely thought to be the result of it collapsing under its own weight.

Richard Styron and colleagues use a computer model to simulate the evolution of the Tibetan Plateau as the Indian and Eurasian tectonic plates collided. The model results confirm that the entire plateau has been collapsing under gravity and stretching out eastwards since roughly 16 million years ago.

However, the simulations also show that a second wave of extension began a few million years later. This later wave, occurring at a faster rate than the initial rifting, moved from south to north in tandem with the northward subduction of the Indian Plate. The researchers suggest that as the Indian Plate is progressively forced northwards, farther beneath the Eurasian Plate, the crust at the surface stretches over it.

doi: 10.1038/ngeo2336

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度