Research press release

20世紀初頭における太平洋の風と気候温暖化の速度との関連性

Nature Geoscience

Early twentieth century link between Pacific winds and climate warming rate

太平洋の貿易風の強さは21世紀初頭の気候温暖化の速度に影響を及ぼした可能性があるという報告が、今週のオンライン版に掲載される。1910年~1940年の急速な地球温暖化は太平洋の貿易風が弱かった時期と一致しており、続く1940年~1970年ごろまでの温暖化速度の鈍化の際には風が強くなっていた。

Diane Thompson等は太平洋西部のサンゴを分析し、1894年~1982年における太平洋の偏西風の突発的強化を再現した。彼らは、太平洋の貿易風の弱化と関連がある偏西風の強化が1910年~1940年の急速な温暖化の時期に最も頻発し、それに引き続く30年間の温暖化が安定していた時期にはあまり頻発しなかったことを見つけた。著者たちは、太平洋の風の強さと地球温暖化は密接に関連していると結論している。

関連するNews&Viewsの記事で、Stefan Bronnimannはこの研究が「20世紀初頭の気候と21世紀初めに気候温暖化が予想外に鈍化したこととを関連づけている」ことを示唆している。

The strength of Pacific trade winds may have influenced the rate of climate warming in the early twentieth century, reports a study published online in Nature Geoscience. The rapid global warming between 1910 and 1940 coincided with weak Pacific trade winds, whereas the subsequent slowdown in warming rate, from 1940 to about 1970, was accompanied by stronger winds.

Diane Thompson and co-authors analysed corals from the western Pacific Ocean to reconstruct westerly wind bursts in the Pacific between 1894 and 1982. They found that westerly wind bursts, which are associated with weak Pacific trade winds, were most frequent during the period of rapid warming from 1910 to 1940, and less frequent during the following 30 years or so, when warming was stable. The authors conclude that Pacific wind strengths and global warming rates are closely connected.

In an accompanying News and Views article, Stefan Bronnimann suggests that the work “links early twentieth century climate to the unexpectedly slow warming rates in the beginning of the twenty-first century.”

doi: 10.1038/ngeo2321

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度