Research press release

熱帯の木は炭素吸収源ではないかもしれない

Nature Geoscience

Tropical trees may not be a carbon sink

これまでの過程とは反対に、過去150年間にわたる大気中CO2濃度の増加は熱帯の木の生長をより加速することはないという報告が、今週のオンライン版に掲載される。CO2濃度の増加は熱帯の木の生長を加速し、大気から炭素を取り除いて気候変動を減速させる可能性があると仮定されてきた。

Peter van der SleenとPieter Zuidemaたちは、ボリビア、カメルーンおよびタイの熱帯森林で得られた年輪を分析した。彼らは、過去150年間にわたる大気中CO2濃度の増加により、予想されたように熱帯の木が光合成をより効率よく行うようになったことを見つけた。しかしながら、木の成長速度を反映している年輪の幅は、低木層(日陰に棲息)と樹冠のどちらでも、高いCO2濃度の結果として成長が増加した証拠は示していなかった。その代わりに年輪データは、熱帯の木はこれまで考えられていたように、大気中CO2濃度の増加に対する吸収源にはなり得ないことを示唆している。この発見は、気候変動が炭素循環に及ぼす影響に対するこれまでの考え方に改訂の必要があることを示している。

関連するNews & Viewsの記事でLucas Cernusakは次のように書いている。「なぜ年輪記録の結果が森林目録からの観測とモデル予想から外れているかについてさらに研究することは、CO2濃度の増加と気候変動が熱帯森林と全球炭素循環にどのように影響を及ぼすかを理解するために重要である」。

Contrary to previous assumptions, increases in the concentration of atmospheric CO2 over the last 150 years have not led to more rapid growth of tropical trees, reports a study published online in Nature Geoscience. Increased CO2 concentrations had been assumed to accelerate the growth of tropical trees, which would in turn remove carbon from the atmosphere and potentially slow climate change.

Peter van der Sleen, Pieter Zuidema and colleagues analysed tree rings from tropical forests in Bolivia, Cameroon, and Thailand. They found that the increasing atmospheric CO2 concentrations over the past 150 years have allowed trees to photosynthesize more efficiently, as was expected. However, the width of tree rings, which reflects the growth rate of the tree, showed no evidence for an increase in growth resulting from higher CO2 concentrations in either understory (shade-dwelling) or canopy trees. Instead, the tree-ring data suggest that trees in the tropics may not be a sink for the increasing CO2 concentrations in the atmosphere, as was previously believed. This finding suggests that our concept of the impacts of climate change on the carbon cycle may need to be revised.

In an accompanying News and Views article, Lucas Cernusak writes that “further research into why the results of the tree ring record diverge from forest inventory observations and model predictions will be essential for understanding how increased CO2 concentrations and a changing climate will affect tropical forests and the global carbon cycle.”

doi: 10.1038/ngeo2313

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度