Research press release

黄色い潜水艦による南極氷の探査

Nature Geoscience

Antarctic ice probed by a yellow submarine

南極域の海氷はこれまで考えられていたよりも厚い可能性があるという報告が、今週のオンライン版に掲載される。南極域の海氷の空間的広がりは人工衛星で容易に追跡できるが、上空から氷の厚さを推定することは困難であった。

Guy Williams、Ted Maksym、Jeremy Wilkinsonたちは、2010年と2012年に自律型無人潜水機を用いて南極のいくつかの海岸地域にわたり海氷の厚さ分布を調べた。研究者たちは、海水面下の氷の厚さは平均して1.4~5.5メートルであり、最も厚い海氷では16メートルもあることを発見した。これまでの研究でも北極域の海氷の厚さの測定には潜水艇が用いられてきたが、南極域での測定は船上観測と掘削孔によるものに限定されてきた。これらの限定的な研究では、ほとんどの海氷の厚さは1メートル以下であることが示唆されていた。

今回潜水艇を用いて広範な観測を行ったことで、南極域の海氷がこれまで考えられていたより厚いということが判明し、またこの発見は海氷の気候変動に対する応答予測の助けにもなるだろうと考えられる。

Sea ice in the Antarctic may be thicker than previously thought, according to a study published online in Nature Geoscience. Although the aerial extent of Antarctic sea ice is easily tracked by satellites, estimating the thickness of the ice from above has proven challenging.

Guy Williams, Ted Maksym, Jeremy Wilkinson and colleagues employed an autonomous underwater vehicle in 2010 and 2012 to map the thickness of sea ice across several coastal regions of Antarctica. The researchers found that, on average, the thickness of the ice beneath sea level was 1.4 to 5.5 metres, with the thickest sea ice measured at 16 metres. Although submarines have been used to document Arctic sea-ice thicknesses in previous studies, Antarctic measurements have been limited to shipboard observations and drill holes. Those limited studies had suggested that most sea ice is thinner than a metre.

The extensive observations by the underwater vehicles in this study reveal a greater thickness of Antarctic sea ice, and will also aid projections of the response of sea ice to climate change.

doi: 10.1038/ngeo2299

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度