Research press release

北米氷山の亜熱帯での結末

Nature Geoscience

A subtropical fate for North American icebergs

2万年前から1万年前の間に、北米東部を覆っていた氷床から放出された氷山は、南はフロリダまで漂流していたとの報告が今週のオンライン版に掲載される。

Jenna HillとAlan Condronは、ノースカロライナ州ハッテラス岬南部の海底地形を用いて、氷山によって削られた数多くの長く狭い溝を見つけた。この傷跡の分布と形状は、これらが最大300メートルの厚さがある氷山によって形成されたことを示唆している。海洋循環の数値モデルに基づいて、著者たちは、北米氷床の融解による水が海洋に放出されていた時期にできた狭く冷たい沿岸流により、これらの氷山がそこまで運ばれたと論じている。比較的小さい融解水の放出でも氷山をサウスカロライナまで運ぶことはできたが、フロリダ州の海岸まで氷山が到達するのは強力な融解水の放出が起きた時期のみであった。

Between 20,000 and 10,000 years ago, icebergs released from the ice sheet covering the eastern region of North America drifted as far south as Florida, reports a paper published online in Nature Geoscience.

Jenna Hill and Alan Condron used maps of the seafloor to the south of Cape Hatteras, North Carolina, to identify numerous long, narrow grooves that were carved out by icebergs. The shape and distribution of the scars implies they were made by icebergs up to 300 metres thick. Based on a numerical model of ocean circulation, the authors argue that the icebergs were carried there by a narrow cold coastal current formed during periods when water from the melting North American ice sheet was discharged to the ocean. Relatively small pulses of meltwater could have transported icebergs as far south as South Carolina, but icebergs only reached the Florida coast during periods of intense meltwater discharge.

doi: 10.1038/ngeo2267

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度