Research press release

融解した氷床が南極の急速な海水面上昇を引き起こしている

Nature Geoscience

Melting ice sheets driving rapid Antarctic sea level rise

融解した南極氷河と氷床から放出される淡水は南極の海岸に沿って急速な海水面上昇を加速させているとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。

Craig Ryeたちは、海水面高度の人工衛星による測定と海洋循環モデルを用いて、1992年から2011年の間の南極の海岸に沿った海水面上昇を見積もった。彼らは、南極の海岸に沿った海水面は南洋全体よりも毎年2ミリメートル以上高くなっており、その範囲は南極海岸から南緯40度まで及んでいることを発見した。彼らは、地域的に海水面上昇が強化されたのは、融解した南極の氷河と氷床から放出される淡水が増加したことで、海岸近くの表層水および深層水の温度が上昇し淡水化されたことが原因であるとしている。

The release of fresh water from melting Antarctic glaciers and ice sheets is fuelling rapid sea-level rise along the Antarctic coast, reports a paper published online this week in Nature Geoscience.

Craig Rye and colleagues used satellite measurements of sea surface height and an ocean circulation model to estimate sea-level rise along the Antarctic coast between 1992 and 2011. They find that sea level along the Antarctic coast rose about 2 millimetres per year more than the whole of the Southern Ocean, which extends from the Antarctic coast to 40 degrees south. They attribute the enhanced regional sea-level rise to the warming and freshening of surface and deep waters near the coast, caused by increased freshwater discharge from melting glaciers and ice sheets on Antarctica.

doi: 10.1038/ngeo2230

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度