Research press release

チリ地震が南極の氷震の引き金となった

Nature Geoscience

Chilean earthquake triggered icequakes in the Antarctic

2010年チリ地震による地震波は、南極で氷床を破壊する地震である、氷震の引き金となったとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。大地震は遠く離れた地域の地殻で地震活動の引き金となることが知られているが、この結果はまた、氷床がそのような誘発に対して敏感であることを示している。

Zhigang Pengたちは、2010年に起きたマグニチュード8.8のチリ地震前後6時間の間に南極で記録された地震データを解析した。データは、チリ地震後の数時間に起きたいくつかの小さな氷震を示している。著者たちは、これはチリ地震の震央から放射され、氷床を通過した地震波が引き金となったものだと示唆している。この結果は、これまであまり考えられていなかった固体地球と地殻の凍結した流体部分との相互作用に焦点を当て、遠地で起きた大地震が氷床力学過程に影響を及ぼす可能性があることを示唆している。

Seismic waves from the 2010 Chile earthquake triggered icequakes - quakes that rupture ice sheets - in Antarctica, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Large earthquakes are known to trigger seismic activity in remote parts of the Earth’s crust, but these results indicate that ice sheets are also sensitive to such triggering.

Zhigang Peng and colleagues analysed seismic data from Antarctica recorded during six-hour periods before and after the magnitude 8.8 earthquake in Chile in 2010. The data showed several small icequakes in the hours following the Chilean quake. The authors suggest these were triggered by seismic waves radiating away from the Chilean earthquake’s epicentre and passing through the ice sheet. The results highlight a previously underappreciated interaction between the solid Earth and the frozen liquid portion of its crust, and imply that large, distant earthquakes might affect ice sheet dynamics.

doi: 10.1038/ngeo2212

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度