Research press release

惑星水星のヒットエンドランによる起源

Nature Geoscience

Hit-and-run origin for the planet Mercury

太陽系の水星など異常に金属に富んだ天体は、他の惑星を形成した初期太陽系の衝突の痕跡を残している可能性があるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。

Erik AsphaugとAndreas Reuferは太陽系初期において、原始水星と他の初期惑星との衝突の数値シミュレーションを実施した。彼らは、衝突の速さが十分速く、他方の初期惑星が十分大きいならば、原始水星は他方の惑星の軌道から逸れるが、その非金属のマントルが他方の大きい天体により剥ぎ取られることを見つけた。従って、Asphaugたちは、このようなヒットエンドラン型の衝突が1、2回起こることで、他の岩石質の惑星と比べて水星の持つ大量の金属核と非常に薄い岩石質マントルを説明することができると提案している。

同様に、プシケのような金属に富んだ小惑星もまた、凶暴な初期太陽系から岩石質マントルのみを剥ぎ取られたヒットエンドラン型衝突による遺物の可能性がある。

Mercury and other unusually metal-rich objects in the Solar System may be relics left behind by collisions in the early Solar System that built the other planets, according to a study published online in Nature Geoscience.

Erik Asphaug and Andreas Reufer conducted numerical simulations of impacts between a proto-Mercury and another planetary embryo in the early Solar System. They found that if the speed of the impact is sufficiently high and the other planetary embryo sufficiently large, proto-Mercury will escape the orbit of the other planet, but will have its non-metallic mantle stripped by the larger body. Thus, the researchers propose one or two of these hit-and-run collisions can explain Mercury’s massive metallic core and very thin rocky mantle in comparison to other rocky planets.

Similarly, metal-rich asteroids such as Psyche may also be survivors of the violent early Solar System, saved by hit-and-run collisions that only stripped their rocky mantles.

doi: 10.1038/ngeo2189

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度