Research press release

夏以外のグリーンランドフィヨルドの熱容量変動

Nature Geoscience

Variable heat content in Greenland’s fjords outside summer

グリーンランド最大の流出氷河2つの外側にあるフィヨルドは、氷床から氷を海洋へと供給しており、9月から5月の間に3日から10日おきに熱容量や他の水の性質の変化を受けている。今週のオンライン版に報告されるこれらの発見は、夏以外の月には、フィヨルド内の温かい水が海洋から定期的に効率よく入れ替わり、氷河の融解速度に影響を及ぼしていることを示唆している。

Rebecca Jacksonたちは、グリーンランド氷床でそれぞれ5番目と3番目に大きな流出路であるセルミリク(Sermilik)フィヨルドとカンゲルルススアーク(Kangerdlugssuaq)フィヨルドからの9月から5月の連続した水の性質と速度の記録を解析した。Jacksonたちは、温度と塩分の変動と関連した速度のパルスを報告しており、それらは典型的には2日間継続して通り過ぎる気象システムの時間スケールと似ている。Jacksonたちは、これらの発見は、夏以外の月には周囲の海からの水が定期的にフィヨルド内に供給されていることを示しているとしている。

The fjords outside two of Greenland’s largest outlet glaciers - which shed ice from the ice sheet into the ocean - experience variations in heat content and other water properties every 3 to 10 days between September and May. These findings, reported online in Nature Geoscience, suggest that during the non-summer months, warm waters in the fjord are renewed regularly and effectively from the ocean, which may affect glacier melt rate.

Rebecca Jackson and colleagues analysed continuous September-to-May records of water properties and velocity from Sermilik and Kangerdlugssuaq fjords, which drain the fifth and third largest outlets of the Greenland ice sheet, respectively. They report velocity pulses associated with fluctuations in temperature and salinity that typically last a few days, similar to the timescale of passing weather systems. The authors suggest that these findings show that water from the surrounding ocean is regularly pumped into the fjords in the non-summer months.

doi: 10.1038/ngeo2186

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度