Research press release

タイタンの海で見つかった波の可能性

Nature Geoscience

Possible waves spotted in a Titan sea

土星最大の月であるタイタンの北側にある海は、地球の湖で見られるのと同様な波や泡などの季節的な現象を示している可能性があるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。NASAのカッシーニ宇宙船はタイタンを2004年から監視しているが、これは、季節が夏に向かってゆっくりと変化するにつれて、月の北半球で活動的な表面の過程が垣間見られた初めての事例となっている。

Jason Hofgartnerたちは、タイタンの北極海であるライジーア・メア(Ligeia Mare)で明るい特徴があることをカッシーニのレーダー・データから見つけた。明るい場所は、その前後のレーダー画像には見られないので、一時的な特徴であると示唆される。観測された特徴は、液体メタンの海の中あるいは上を伝わる表面波、上昇する泡、あるいは浮遊する物体と一致する。

地球の水循環と類似したメタン循環を持つタイタンは、表面に安定した液体のたまりを持つ太陽系では地球以外で唯一の惑星である。この発見は、タイタンの海で起きている活動的な表面の過程は地球の湖で見られる過程と同様な季節変化の表れである可能性があることを示唆している。

The northern seas on Saturn’s largest moon Titan could be experiencing seasonal phenomena similar to those found in Earth’s lakes, such as waves and bubbles, according to a study published online in Nature Geoscience. NASA’s Cassini spacecraft has been monitoring Titan since 2004, but this is its first glimpse of active surface processes in the moon’s northern hemisphere as the season slowly shifts towards summer.

Jason Hofgartner and colleagues identified bright features in Titan’s northern polar sea, Ligeia Mare, in the Cassini radar data. The bright spots were not seen in earlier or later radar images, suggesting that they are transient features. The observed features are consistent with surface waves, rising bubbles, or floating objects in or on the liquid methane sea.

Titan, with a methane cycle analogous to the Earth’s water cycle, is the only other planetary body in the Solar System with pools of stable liquid on its surface. The findings suggest that the active surface processes occurring in Titan’s seas may be an expression of the changing seasons, similarly to processes in Earth’s lakes.

doi: 10.1038/ngeo2190

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度