Research press release

グレートプレーンズに埋まった反応性炭素

Nature Geoscience

Reactive carbon stores buried in the Great Plains (N&V)

大量の有機炭素がアメリカのグレートプレーンズ中央部で発見された古代の土壌層に埋まっているとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。この炭素の大部分は、地面の擾乱により大気に曝された場合、二酸化炭素に分解する可能性がある形式になっている。

Erika Marin-Spiottaは、1万年から1万2千年前の間に現在のカンザス州とネブラスカ州の一部で形成され、その後、数メートルもの風成堆積物によって埋設された、ブレディー土壌として知られる古代土壌層の炭素の化学的性質を評価した。Marin-Spiottaたちは、炭素の中に生物体の燃焼から残ったブラックカーボンの形式を示すものがあることを発見した。彼らはまた、急速な埋設による分解から残った植物物質が元のまま残っているのも見つけた。

関連するNews & Viewsの記事で、William C Johnsonは「現在も拡大して継続している人類起源の地面の擾乱は、これらの埋まった反応性炭素の貯蔵庫が分解に曝されて大気に炭素を放出する危険性を増大させている」と述べている。

Substantial amounts of organic carbon are buried in an ancient layer of soil found in parts of the Central Great Plains of the US, reports a paper published this week in Nature Geoscience. Much of this carbon is in forms that could decompose to carbon dioxide if exposed to the atmosphere by land disturbance.

Erika Marin-Spiotta assessed the carbon chemistry of an ancient layer of soil known as the Brady soil, which formed between 10,000 and 12,000 years ago in parts of present-day Kansas and Nebraska, and was subsequently buried by metres of wind-blown sediments. From their analysis, Marin-Spiotta and colleagues found that some of the carbon is in the form of black carbon left over from biomass burning. They also found intact plant material that was saved from decomposition by rapid burial.

In an accompanying News and Views article, William C. Johnson writes that “ongoing and expanding anthropogenic land disturbances are increasing the risk that these buried reservoirs of reactive carbon could be exposed to decomposition, releasing carbon to the atmosphere.”

doi: 10.1038/ngeo2169

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度